You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【西院教室】自然に祭る

投稿者:西院教室

ここ数年、京都の塾でここ数年働いてきて、いいなと思ったことがあります。

 

京都人って、お祭りが大好きですよね。

京都三大祭りみたいな大きなお祭りだけではなく、街中に散在する神社やお寺ごとに、規模も日程もまちまちなお祭りがたくさんあります。

 

たとえばお盆には、「お地蔵さん」と呼ばれるイベント"地蔵盆"がありました。

参加した生徒の話を聞くと、小学校の学区よりも細かい地域区分で、ビンゴをして100均の景品を渡すくらいの、なんともほほえましい規模だったようです。

小さくても、そうして地域自身がお寺や神社を中心に、伝統や歴史を力強く守り続けているんですね。

ほかにも、七夕やお盆、秋などは、道端の掲示板にちょこっと掲載されるくらいの小さなお祭りがたくさんあります。

 

 

さて、いまは春日祭の時期ですね。春日神社の提灯が、四条通のあちこちに現れています。

日曜日は神事のために、春日通りが歩行者天国になるようです。

生徒たちも毎年楽しみにしています。まあ今年はテストキャンプと日程がちょうどかぶってしまいましたが!

(お祭りで遊び歩いている人に差をつけるチャンスだと思って頑張ろうね、朱雀中・西ノ京中のみなさん…)

 

調べてみると、春日祭も実は平安時代から続く由緒正しい神事です。

伝統的な神事が、今の子どもたちも−−歴史がさほど好きじゃない子でも、自然にかかわるように、平成が終わる現在でも続いています。

もしかしたら子どもたちには、神様よりも屋台の食べ物と歩行者天国のにぎわいの方がよほど楽しみなのかもしれませんが(笑)

でも、そうやって自然に神様の周りに人が集まる文化が、千年も続いてきたんですね。

 

 

私自身は別に京都で生まれたわけでも育ったわけでもないので、こういった行事が町中でちょっとずつたくさん行われているのを見るのは新鮮でした。

京都人からしたら当たり前の習慣なのかもしれませんが、当たり前であること自体が古都京都の財産そのものなんだと思います。

 

「祭り」という言葉の語源は、「待つ」だと言われています(「参る」などが語源だという説もあります)。

つまり、降りてくる神様に「神社はここですよ」と示すために、火を焚いたりおはやしをしたりする、というものです。

神社では、神様は人を守るもの(あるいは、祟るもの)ですから、神様が降りてくる場所は明かりや音だけではなく、人が集まってこそのものなんですね。

宗教というよりももっと人の心や土地に根ざした、文化というか習慣として自然に残っているのが、京都でのお祭りなんだろうな、と思った次第です。

 


まあ、こんな大ゲサなことを考えなくてもお祭りは楽しいものですし、そもそも朱雀中・西ノ京中はテスト前なので祭ってる場合じゃないですし、土日は塾にこもって勉強しましょう!!!!!

今週は土日ともに10時〜18時テストキャンプ、もちろんテスト前以外の生徒の自習も大歓迎です。

 

 

 

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-

 

そういえば、毎年テストキャンプと春日祭がかぶっているなあ…と思いながら書きました。

おかげさまで春日祭のにぎわいなんて全然知りませんが、帰り道の提灯で十分に気分を味わっているのでいいことにしています(笑)

写真もなかなかインスタに映えそうでしょう?

 

西院教室からのブログは、毎週水曜日に更新しています。

 

written by 西院教室室長 木村