You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【オンライン】立命館宇治高校 2019年度 入試情報

 オンライン本部

帰国生に人気の立命館宇治高校

 

先日、立命館宇治中学高校の説明会に行ってきました。近鉄大久保駅からバスで10分ほどで学校に着きます。You-学舎西院教室からは1時間ほどで到着しました。JR宇治駅、京阪宇治駅からもバスが出ているので、奈良や大阪から通っている生徒も多いそうです。ところで、立命館宇治中学高校のバス停は学校の敷地内にあります。いくつかのバス路線があるので、ちょっとした駅前のバス停のような雰囲気ですが、道路を横断しなくていいので安全ですね。帰国生は入学者全体の20%くらいだそうです。

 

 

 

学校の特徴

 

今回は高校の情報をお知らせします。高校にはIG・IM・IBの3つのコースがあります。

 

IGコース

附属大学に進学する、科目選択の自由度が高いコースです。1年次には内部進学の生徒とは別にクラス編成がされ、2年次から理系と国際系に分かれます。立命館宇治高校は文系のイメージが強かったのですが、大学との連携で探求型の学びを少人数で行えるので実は理系もお勧めなのだそうです。IGコースは英語のグレード別授業もあり、1年次の国・数・社は帰国習熟授業もあるのは安心ですね。

 

IMコース

1年間留学して、帰国後は英語イマージョン教育を実施するコースです。英語が好きな国内生はもちろん、帰国してから時間が経っている生徒にもよさそうです。

 

IBコース

世界中の有名大学が認めるIBディプロマと日本の高校卒業資格を同時に獲得することが可能なコースです。日本の大学に進学するか、海外の大学に進学するか迷っている帰国生にぴったりではないでしょうか。

 

2019年度入試

 

国際入試はの受験資格は日本での義務教育期間内で、海外修学期間1年半以上です。

 

入試日程

11月24日(土)と2月9日(土)の2回実施されますが、帰国生入試のメインは11月です。是非11月入試で受験しましょう。

 

11月入試は香港・上海・シンガポール・ロンドン・ニューヨーク会場もあります。一時帰国しなくていいのは負担が少なくて嬉しいですね。さらに11月のIGコースはB方式には併願入試もあります!

 

選考方法

IGコース・IMコース

A方式:作文(日本語または英語)日本語1400〜1600字 英語700〜900words ・面接(保護者1名同伴)  

B方式:国語・数学・英語

作文の文字数・語数 多いですね!! ホームページのサンプル問題を参考に、きちんと対策しておきましょう。

 

IBコース

IB方式:小論文(英語)550〜800words

・数学(英語)・面接(保護者1名同伴)

 

国際入試の数学は英語で出題されます。問題の難易度は一般入試に比べると易しいので、出題傾向に合わせて対策をすれば高得点を狙えます!

 

国際推薦入試

立命館宇治高校が第一志望なら、必ず国際推薦入試の申請をしましょう。2019年度11月入試の申請期間:9月3日(月)〜10月16日(火)必着

 

英語資格中1からの学校の成績などから推薦入試を受けられるかどうか、総合的に判断されます。1年生からしっかり学習に取り組み、語学力がある生徒を評価しているようですね。滞在国で英検受験が不可能な場合は、1時帰国のタイミングを英検に合わせるなど、早めの験準備が欠かせません。また、申請前に事前相談が可能です。個別に丁寧に対応してくださるので、学校のホームページから問い合わせをすることをお勧めします。

 

英検については以前帰国生入試には英検何級が必要?の記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

 

 

Text/並松

 

 

オンライン個別指導 You-学舎へのお問い合わせはこちらからどうぞ。