You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【西院・太秦教室】2日間で英語の偏差値を5上げるには?

投稿者:西院教室

大学受験生対象の「24時間英語特訓」今年もやりました。朝9時〜夜9時×2日間、英語漬けになってもらい、2日間で偏差値を5上げる!!という集中講座です。

 

今年は太秦教室の入っているビルのレッスン室を借りました。窓から国宝第1号の阿弥陀菩薩像のある広隆寺の門が見える、贅沢な空間だな〜なんて思いましたが生徒たちにとっては日常風景…、何の感想もありません。

 

 

長文の読み方レクチャーからスタートして、午前中にマーク模試の過去問題を解きます。普段の個別授業では模試を解く様子をじっくり見ることはないので、「あー、大問1でそんなに悩まないで!!」「なぜ長文に何も書き込まずに読むの?」「リスニングで聞こえた数字はメモを取ろうよ・・・」と突っ込みたくなる気持ちを抑えて、みんなが問題を解く順番や時間のかけ方など、じっくり観察します。

 

参加者の志望校や学力はバラバラなので、午後からはそれぞれに必要なことを用意しています。いくつかのグループに分けて志望校別の対策をしたり、模試の解説をしたり。

 

 

でも、全員参加でやることが1つだけあります。それは単語覚え大会!! 今の大学入試は長文がどんどん長くなって、英語を読むスピードを求められています。そのために必要なのは語彙力。覚えていない単語が出てくるたびに止まっていては時間が足りません。

 

お昼ご飯を食べて、睡魔が襲う時間帯にチーム対抗で単語を覚えてもらいました。

チーム戦なので、結構盛り上がって息抜きの意味合いもあるのですが、他の参加者に比べて自分は単語を覚えられていない焦ってほしい・・という裏の目的もあります。

 

ところで、生徒から「単語帳を覚えるときに、例文を書き写したほうがいい?」「単語を書いて覚えたほうがいい?」とよく聞かれますが、私大志望の生徒の場合、答えはNOです。マーク試験なので、綴りを覚える必要はないですよね。受験までの時間は限られていますし、英語の勉強だけしているわけにはいかないし、効率よく英語→日本語だけを覚えていきましょう。二次試験で英作文がある人はこれでは足りませんが、センター対策としては同じ方法で問題ありません。

 

2日間で偏差値を5あげるには? 答えはいたってシンプルです。24時間英語漬けになると、ものすごい量の英文に触れることにます。当然同じ単語や表現・語法が何度も出てくるので、語彙力が大幅にアップするのです。これを1人でやるのは厳しいので、一緒に取り組む仲間がいるのは心強いです!

 

2日目の午前中も模試を解きましたが、1日目に比べてぐんと伸びた生徒もチラホラ。これは時間配分や解き方を見直したからですね。いつも模試の時間が足りなくて、伸び悩んでいる人は塾や学校の先生にアドバイスしてもらうことをお勧めします。

 

終了時に参加者から「英語が伸びてきている感覚があるわー。あと1日やりたい!」という、嬉しくも恐ろしいリクエストがありましたが、このイベント、準備がとっても大変なので、それは勘弁してください・・。