You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【夏期講習】の選び方、押さえておきたい3つのポイント

投稿者:You-学舎本部

JUGEMテーマ:教育

講師

もうすぐ夏休みですので、夏期講習から塾に通わせようと思っていませんか?
今回はそんな人のために夏期講習の選び方についてお話しします。

夏期講習で何をするのか?

24時間耐久特訓の様子

基本的には復習を行うことになります。

普段の勉強は学校のことがメインになりがちです。学校が休みのタイミングだからこそ、しっかりと復習して、苦手な科目を克服したり、暗記の入れ直しをしたりしましょう。

 

普段から復習を心がけていて、基礎が身についているのであれば、応用にチャレンジしたり、新学期の先取りをしたりすることもできます。

夏休みは30日間あります。せっかく普段の生活では週5回6時間の勉強を行う習慣がついているのですから、その習慣を崩さないように、 お子様の習熟度にあった勉強を計画的に行っていくことが大切 です。

部活で時間が限られている人はなおさら、計画的に勉強を進めていく必要があります。 「何を勉強するべきか?」を塾としっかりと相談した上で、夏期講習に臨むようにしましょう

 

特に受験生にとっては復習する最後の機会です。

冬期講習では、過去問を解き始めないといけない時期なので、復習にあてる時間はありません 。また過去問を解く前に、中3の内容を終わらせなければいけないことを考えると、夏期講習を逃すと、復習に時間を割くのは難しいです。

しっかりと復習をして、受験に向けた基礎をづくりましょう。

夏期講習だと、科目ごとの苦手克服特訓で、お子さんのニーズに合った授業を開催しているところもあります。

実際に話を聞いたり、塾の資料を見たりする際には、ぜひ確認しておきましょう。

夏期講習の申込み・お問い合わせ

夏期講習の費用について

講師

夏期講習の費用を考える上でおさえておくべき3つのポイントがあります。お考えの塾でもこのポイントを必ず聞いてみてください。

夏期講習の費用のポイント
  1. 個別指導の授業料は高い?
  2. 教材費はいくらかかる?
  3. 夏期講習で他にかかる費用は?

個別指導の授業料は高い?

まず中学生を対象とした場合の授業料ですが、数万円程度のものもあれば、30万円かかる場合もあります。なぜこんなにも差があるかというと、授業回数科目授業内容などが理由です。

中学3年生だと、受験対策のために授業回数が多くなり、科目も5科目分も受講することになりますから、中学1年生や2年生よりも費用がかかるのはある程度しかたありません。

できるだけ費用を抑えたい

授業回数を自分で設定できるのであれば、まずはそこで抑えましょう。また5科目すべて受講するのではなく、得意な科目や自力で勉強できそうな科目は外す、というのも一つの方法です。

「集団指導は安くて、個別指導は高い」はホント?

事実です。

但し、 個別指導にしたからといって大幅に授業料がアップするというわけではありません 。授業1回あたりの費用で比較すると、実はさほど変わらないこともあります。資料請求をしたり、問い合わせてみたり、実際にかかる授業料をシュミレーションしてから判断すると良いと思います。

教材費はいくらかかる?

教材費ですが、こちらも授業回数・科目・授業内容などで差が出てくるでしょう。

夏期講習用として、一式まとめて購入する場合が多く、2万円近くすることもあります(それ以上高い場合は、本当に必要なのか、どう使うのか疑ってみたほうが良いです。)。教材費は授業料には含まれず別途必要となることがほとんどなので、 必ず合計でいくらになるのか事前に確認しておきましょう

夏期講習で他にかかる費用は?

最後に、授業料と教材費以外でチェックしておきたいのは、「模擬試験代」や「イベント参加費」などです。

模擬試験は、夏期講習の伸びを確認するためにも有用ですので、受けておいても損はないと思います 。また、夏期だけの特別授業やイベントもあるでしょうから、参加するかどうか、子どもと相談しながら決めていきましょう。

費用面では納得できたとしても「子どもがその塾に合っているのか継続して通えるのか?」など、不安は尽きないものです。「現時点の成績」や「志望校のレベル」、「夏期講習で何を解決したいか?」などを考えて、じっくりと検討してみてください。

夏期講習の申込み・お問い合わせ

夏期講習の選び方

講師

夏期講習を選ぶ上でも、おさえておくべき3つのポイントがあります。

夏期講習の選び方のポイント
  1. 学力レベルに合っているか?
  2. 通塾目標に合っているか?
  3. フォロー体制は万全か?

ただし、個別指導塾と、集団授業の塾とでは重視するポイントが異なります。

講師陣

集団塾の場合

【集団塾】学力レベルに合っているか?

集団塾では、学力別に分かれて授業を受けますので、 お子さんの現在の学力レベルに合った授業が行われていることは、最低条件です 。但し、簡単すぎても、難しすぎてもいけません。

体験授業で、お子さん本人がレベルを体感するのが一番良いですが、問い合わせの時点で、保護者の方から勧められたクラスや授業を受けている生徒さんが、大体テストで何点くらい取っているのか?を確認するのがいいでしょう。

【集団塾】通塾目的に合っているか?

次に授業の目標設定がお子さんの通塾目的と合っているかどうか確認をしましょう。

合格までのカリキュラムがすでに定まっているので、カリキュラムについて行くことができれば、合格に近づくことができるでしょう

長いようで短い夏休みです。通塾の目的と、目標が合致している塾を選んで有意義な夏休みを過ごしましょう。

【集団塾】フォロー体制は万全か?

夏期講習を受講するお子さんにとって大切なのが、フォロー体制です。

塾では、学校よりも先取りの授業を行っていることがほとんどなので、そのギャップを埋めるためのフォローを約束・提案してくれる塾は、面倒見の良い塾と言えます。

集団塾での場合、お子さんが授業に合わせる必要があるため、完璧なフォローは難しいでしょう。 適切なレベルの授業でなければ、お子さんは授業にただ出席しているだけの「お客さん」になってしまいます

個別指導塾の場合

【個別指導塾】学力レベルに合っているか?

個別指導ではレベルと目標をお子さんに合わせて設定することができます

その分、集団塾ではできないような一発逆転の合格を勝ち取る可能性もありますし、また、学年をさかのぼって復習に取り組むことができるのも個別指導塾の特長です。

【個別指導塾】通塾目的に合っているか?

自由度が高い分、時期ごとに合わせたカリキュラムよりも、お子さんの理解度を重視しがちです

授業数もその分多くなりがちですが現在のレベルから目標を達成するためには授業だけでなく、お子さんの自習時間も必要です。夏休みに何をするべきか、実現可能な学習計画を明確に提示してくれる塾を選びましょう。

【個別指導塾】フォロー体制は万全か?

個別指導塾では、授業中は先生1人に生徒1人ではなく生徒が2〜3人で、指導の際には1対1というのが一般的です。

カリキュラムでは、ひとりひとりを丁寧にフォローしてくれますし、部活やスポーツとの両立、受講していない科目や自習、課題など、どんなことでも相談してみましょう。 お子さんのモチベーションを引き出し、授業だけではなく勉強全体をフォローしてくれるかどうか面談や体験授業で見極めましょう

夏期講習の選び方のまとめ

夏期講習の選び方のまとめ

集団か個別か、それぞれのニーズにあった塾を選ぶようにしましょう。

もし迷ったときは、「責任者の人柄」と「教室の雰囲気」 で選びましょう。

講師

受験生にとって夏をどう過ごすかは、受験に直結する大問題です。
信頼できる塾を選んで良い夏を過ごしてください。

夏期講習の申込み・お問い合わせ