You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【オンライン】帰国生入試では英検何級が必要?

投稿者:オンライン本部

日本の中学・高校に入学・編入する予定のある方は、継続して英検を受けましょう。

 

海外に駐在している方は、急に帰国が決まることもあります。急に帰国が決まった方のSkypeカウンセリングをすることがよくあるのですが、一番「困ったなぁ汗どうしよう?」と思うのは、語学資格を取っていない方からの相談です。

 

日本の学校が、帰国生に求めているのは語学力と海外経験と発信力!!

 

でも、いくら英語を話せても、現地校やインター校で英語の授業を理解することができても、それを客観的に示せなければ意味がありません。語学力を証明するために資格を取っておきましょう。

 

そして、できれば英検準1級を取っておきましょう。

 

 

帰国生の試験では、英検1級まで求められることはありませんが、大学入試の場合は英検準1級は必須アイテムです。(大学入試はTOEFLなど他の語学資格の活用もありますが、今回は英検に絞ってお話しします)是非取っておきましょう。

 

高校入試、高校の編入試験では準1級は高く評価されます。例えばICU高校の推薦入試(12月)を帰国生が受けるには、英検準1級以上、TOEFL:iBT79点以上、TOEIC730点以上のいずれかを取得していなければいけません。

 

それでは、中学入試なら英検2級でいいのか?というと不思議なことにやはり準1級を取っておきたいところです。なぜなら??英検2級までは帰国生の場合、小学生でも合格していることが多いので、武器にはならないのです。

 

去年9月に南山国際中学に編入したHさん(中2)も英検準1級を持っていましたので、急な受験が決まったときも数学と国語に集中して対策することができました。

 

もちろん、英検だけで入試に合格できる訳ではありません。数学や国語の対策も早めにやることが肝心ですが、帰国生入試・編入試験を受ける可能性がある方は、早いうちに英検を、できれば準1級まで取っておきましょう!

 

JUGEMテーマ:教育