You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

帰国生お悩み相談【国語編】

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

これまでにお話しさせていただいた、海外在住の保護者様・生徒の皆さんのお悩みのうち、多くの方々から寄せられた国語に関するお悩みに、実際の授業を担当している講師がお答えします!

 

今回は主に小学生のお子さまをお持ちの方のお悩みに答えます。

帰国生お悩み相談【国語編】

日本語に触れる機会が少なくて・・・。

 

女性

日本語に触れる機会が少なくて不安です。

海外にいらっしゃると、どうしても日本語に触れる機会は少なくなりますよね。

ご家庭の中でたくさん日本語で会話をしていただいたり、日本に住んでいるご親戚の方と電話をしたり、手紙のやり取りをするのもいいでしょう。

それだけでなく、日本語で書かれた本を読んだり、日本の教科書を毎日音読するのも良いです。

 

海外にいる期間が長い方の場合は、絵本の読み聞かせなども効果的ですよ。日本の文化に触れる機会も増えます。

最近は電子書籍でも絵本や児童書が購入できますし、日々に少し工夫をすることで日本語に触れる機会を増やせます。

 

日本語を書き慣れるには何をすべき?
女性

日本語を書き慣れるにはどうすればいいですか?

確かに日本語に触れる機会はもちろん、書く機会はもっと少ないですよね。書き言葉が苦手なお子様もいます。そういう場合は、 日記を書くこと をお勧めしています。

 

イベントや楽しい出来事があったときに書いていただくと良いと思います。ひとこと日記を毎日書くものいいですね。

実際、日記を宿題にして毎回の授業で添削している小学校低学年の生徒もいますよ。初めのうちはあったことを羅列するのみでしたが、最近は「楽しかった」など感情も入るようになり、文章も上手になってきました。

文字も読みやすくなっていきます。彼らの日記を読ませてもらうのを毎回楽しみにしているんです。

 

漢字が苦手!お勧めの漢字学習方法は、何かある?
男性

漢字が苦手なんです。お勧めの学習方法はありますか?

漢字は帰国生の皆さんが困る課題の一つですね。

日本国内の小学校では、毎日のように漢字の宿題が出ます。何度も書き取りの練習を繰り返して漢字が書けるようになります。

海外で暮らしていると漢字を書く機会は少なくなるので、意識的に取り組んでいただきたいと思います。漢字の学習には、漢字検定用の問題集をお勧めしています。漢検の問題集は日本国内の生徒にも勧めています。

 

実際に受験するかどうかは別として、漢字検定の問題集は漢字の読み書きから筆順まで網羅していて使いやすいんですよ。漢字そのものの表す意味が載っていることもおすすめポイントの一つです。

漢字の意味が解っていると、知らない熟語が出てきたときも意味が想像できますからね。国語力を高めるためにも、是非チャレンジしてください。

帰国に備えて語彙力を上げたい!
男性

語彙力を上げるにはどうすればいいですか?日常会話はできるのですが…。

熟語の意味やことわざ・慣用句・四字熟語なども帰国生が困る課題の一つですね。小中学生向けの「ことわざ・慣用句」「四字熟語」の本も出ていますから、読んでみるのもいいと思います。私も読んだことがあるんですが、大人が読んでも結構面白いんです。

あとはやはり、声に出して読んでみること。特にことわざ・慣用句は音の響きが良かったりするので、意外と親しみが持てたりするんです。

日本語の語彙や知識の上げ方に関する記事はこちらにも書きました。中学生向けの記事ですが、小学生の方にも参考になると思います。よかったら読んでみてください。

【海外子女】日本の中学生はどうやって国語を勉強している?

海外在住の小学生にお勧めの本
女性

どんな本を読ませるといいですか?読むときのコツはありますか?

 

日本の教科書に掲載されているものなど、いくつかお勧めを挙げておきます。日本独特の文化や生活様式が書かれている本であれば、国語だけでなく、算数(数学)の文章問題を解くときにもイメージしやすくなります。

〇「くまさぶろう」         〇「月夜のみみずく」

〇「スーホの白い馬」        〇「ルドルフとイッパイアッテナ」

〇「ろくべえまってろよ」      〇「それいけズッコケ三人組」

〇「一休さん」           〇「くまのパディントン」

〇「あらしのよるに」        〇「大造じいさんとガン」

〇「小さな山神スズナ姫」      〇「不思議の国のアリス」

〇「エルマーのぼうけん」      〇「ガラスのうさぎ」

〇「あしながおじさん」       〇「魔女の宅急便」

〇「十五少年漂流記」        〇「クリスマスキャロル」

〇「君たちはどう生きるか」     〇「日本昔ばなし」

〇著名人の伝記

でも、まずはお子様の興味のある本を読んでみてくださいね。楽しく日本語の本を読む経験を積んでいただきたいです。

 

また、読むときのコツは音読です。帰国生にありがちなのは、日本語を話すことはできても読めない・かけない。つまり、音で聞けば何のことだかわかるけれども、字ではわからないのです。

音読をすれば自然に自分の声が耳に入ってきます。不思議なことに、音読することで文字だけでは分からなかったことがスッと頭に入ってきたりします。本を読むときには是非音読させてください。

 

小学生低学年・高学年に分けて国語についての記事は以前にも書きました。帰国生にとって国語は永遠のテーマ!ですね。よろしければこちらの記事もお読みください。
【海外子女】国語力を上げるには?小学校低学年編
【海外子女】国語力を上げるには?小学校高学年編

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 


【海外子女】TOEIC 3週間前からの対策

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

帰国に向けて

Skypeカウンセリング

先日、Fちゃん(中2)とお母さまとSkypeカウンセリングをしました。

本来は夏休みに一時帰国したときに、夏期講習に参加したいというリクエストをいただいて、そのうちあわせカウンセリングでした。

学習状況の聞き取り

カリキュラムは個別に組みます。

  • 海外に住み始めた学年は?
  • 補習校に通っているかどうか?
  • 通信教育などで、日本の学習を続けているか?

このような感じで、まずは、今までの学習状況をお聞きします。

そして、帰国の時期や受験予定の有無や志望校など、さらに詳しく話をしていきます。

帰国生入試のために、TOEICのスコアを上げたい

Fちゃんの場合は、帰国の時期が見えてきて、帰国生枠で高校入試を考えているとのこと。

 

志望校に推薦入試で受かるには、英検準1級以上を取っておきたいのですが、 英検は海外受験会場が限られている ので物理的に受験するのが難しい。

そこで、TOEICを受けてきたが、まだ目標点は取れていないとのことでした。

 

海外のTOEIC事情

受験日がギリギリまで決まらない!

実は3月末にTOEICを再度受ける予定だときいて、どんな勉強をしているのか、今までのスコアはどうなのかなど、色々話を聞きました。

夏期講習も大切ですが、目の前のTOEICが心配です。

 

日本では、TOEICの試験日程がきっちり決まっています。

1年単位で実施時期や会場をホームページ確認できます。

 

でも、海外は色々な事情があるようで、 「1カ月後くらいに試験があるはずだけれども、まだ正式には決まっていない。」 という声をよく聞きます。

TOEIC海外受験会場の環境あれこれ
TOEICインド会場

余談ですが、海外の試験会場は必ずしも環境がよくないようです。

生徒に聞いた話なので、どこまで確かなのかは分かりませんが。

 

インドで受験したAちゃんによると、

女子生徒

受験会場に壁がなくてリスニングが聞き取りにくかったです。

車の音とか鳥の声とかが聞こえてきたから、今回のリスニングはダメだったかもしれません。

講師

え、壁がないの?どういうこと?

廊下と会場の間が、開けっ放しみたいな状態だったの?

女子生徒

いいえ、そうじゃなっくて屋根と柱はあるけど、壁がなくって外の音も聞こえてきちゃったんです。

日本国内の中学生が英検会場で、エアコンの音がして聞き取りにくかったとか、前の席の人が咳をして聞き取れなかったなんて文句を言っているのと比べて、Aちゃんはあっさりと「あきらめて、次回頑張ります」という感じ。

インドで暮らすとたくましくなるんだな!となんだか感心してしまいました。

TOEIC南アフリカ会場

南アフリカの会場ではリスニングの途中で音が途切れ始めて、別のラジカセを探したり(結局見つからず)、パソコンを立ち上げたりで受験者たちは1時間ほど待たされたそう。

そして結局、 受験者がパソコンを取り囲む形でリスニング再開、そのままリーディングへ とのこと。

 

各国の受験会場のあれこれを聞いていると、日本の受験者は恵まれていますよね。

 

TOEICに向けて、単語を覚えよう

Readingの時間が足りない

さて、FちゃんにTOEICで何か困っていることはないか聞いてみると、「Readingの時間が足りない」とのこと。

「単語量」が足りないことで、知らない単語が出てくるたびにちょっと止まって考える。

→ この量が減ると、Reading問題は最後までいけるはず。

こんな漢字で、Fちゃんにアドバイスしました。

計画を立てて覚えよう

Fちゃん、TOEIC用の単語帳は持っていて覚えようと努力はしているようです。

そこで「あと 3週間でどれだけ覚えられるか?自分で計画を立てること」を勧めました。

 

本来は夏期講習の打ち合わせだったのに、どんどんTOEIC対策に話がズレていきました。

まあ、海外生とのカウンセリングではよくあることです。

そこでFちゃんに伝えたこと。

単語覚えのコツ
  1. 「1日何語覚えるか?」計画を立てて進めること。
  2. 単語帳でチェックテストをしながら進めること。
  3. 2巡目からは、覚えていなかった単語だけチェックテストをすること。
  4. 3巡目以降も同じよう、正解できなかった単語だけをチェックすること。
  5. 前に覚えた部分を忘れていて、不安になっても前に戻らず計画通りに進むこと。
TOEICスコア800以上が目標

結局、TOEICまで2回の対策授業をすることになりました。

 

そこで、自分で単語覚えの計画を作ってもらったのですが、なかなかいい計画を立ててくれましたので、紹介しますね。

Fちゃんの目標スコアは800点以上で、使っている単語帳は「出る単特急 金のフレーズ」です。

単語覚えプランの紹介

1週間で860レベルまで(900語)を1巡する計画で、 TOEICまでに3巡 する予定です。

ここでFちゃんの計画で、すばらしいと思ったのは、600レベル・730レベル・860レベルを並行して進めることです。

また、 「990レベルの単語は覚えないことにした」というのもいいですね。

 

具体的には、「600レベルの単語を70語」、「730レベルの単語を50語」、「860レベルの単語を40語」のような感じで、平日と土日で単語の量を変えていて、単語のレベルが上がっていく6日目、7日目は単語の量が少なめになっています。

理想的な進め方ですね。

毎日チャットで報告

1人で黙々と覚えるのはしんどいので、1日分の単語を覚えたらSkypeのチャットに 「今日の単語終わりました。」 とメッセージをいれてもらう約束をしました。

1週間、毎日順調に進めてくれました。

2巡目・3巡目は楽になるはずだから、頑張ろうね!

単語帳を使いまくろう!

昨日、初回の授業をしながらいろいろ話をしていたら、こんな報告をしてくれました。

女子生徒

単語以外にPart7の対策用問題集も、同じように計画を立ててTOEIC受験までに終わらせるようにしてるんです!

TOEICまでは、「出る単特急 金のフレーズ」を辞書として使って、 単語帳に載っている単語だけを覚えなおす ようにアドバイスをしておきました。

あくまでもTOEIC対策用なので、学校の教科書などは、きちんと電子辞書で調べてね。

講師

先週私と話をしてから、急にしっかり取り組みだしたそうで、お母さまからは「コーチング」ありがとうございますと言われました。

Fちゃんにとって、いいきっかけになったのなら嬉しいです。

 

帰国生の入試のTOEIC・英検対策は、You-学舎のオンライン個別指導にお気軽にお問い合わせください

 

関連ページ

 

 

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】愛知県の帰国生高校入試

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:教育

愛知県の帰国生高校入試を考える方とのカウンセリング

先日、ヨーロッパ方面の方と、立て続けにカウンセリングをしました。

そして、なぜか愛知県に帰国予定(時期は未定)の方が続きました。

 

みなさんインターナショナルスクールに通われていて、補習校は遠くて通っていない。

または小学校の途中までは通ったけれど、レベルが低くて、途中でやめて通信教育を続けてきたそうです。

 

通信教育を続けるのは大変ですよね。

今回は愛知県の帰国生入試について書いてみます。

愛知県の帰国生受け入れ校

愛知県の私国立中学・高校

愛知県の帰国生受け入れ校といえば、南山国際中学高校でしたが、中学は2019年度末、高校は2022年度末で閉校となりました。

 

愛知県で、帰国生の受け入れの多い学校を確認しておきましょう。

愛知県の私国立中学校で帰国生が多い中学校
  • 愛知教育大学附属名古屋中学校
  • 金城学院中学校
  • 名古屋中学校
  • 名古屋国際中学校
愛知県の私国立高校で帰国生が多い学校
  • 愛知淑徳高校
  • 名古屋国際高校
  • 滝高校
愛知県の公立高校帰国生入試
愛知は公立志向が高い

愛知県の塾の先生方とお話をしていると、 愛知県では公立志向がとても高い ようですね。

中学途中で帰国する方は、一度公立中学校に入って帰国子女枠で公立高校受験をする方が多いのです。

 

今回もそんな方たちからご相談をいただきました。

愛知県公立高校の帰国生徒選抜実施高校
  • 愛知県立中村高等学校普通科
  • 愛知県立豊田西高等学校普通科
  • 愛知県立豊橋東高等学校普通科
  • 名古屋市立名東高等学校国際英語科
  • 愛知県立千種高等学校国際教養科
  • 愛知県立刈谷北高等学校国際教養科

定員は普通科は募集定員の10%まで、専門学校は募集定員の30%までです。

今年の入試要項を見ると、

出願資格
  1. 原則として継続して2年以上海外に保護者とともに在住していた者であること。
  2. 平成29年3月1日以後に海外から帰国したものであること。

とあります。

 

つまり、 2年以上の海外在住期間があり、中学1年生の3月以降に帰国していたら出願資格がある というわけですね。

入試科目と日程

愛知県立高校の海外帰国生徒選抜は、以前は帰国生は別の日程(2月半ば)でしたが、29年度入試からは、 一般選抜と同じ日程で同じ問題を受験 することになりました。

 

帰国時期の遅い受験者にとっては、なかなか厳しいですね。

海外在住時からしっかりと準備をして臨む必要があります。

 

海外帰国生選抜は、国語・数学・英語と面接・調査書で「海外帰国生徒の事情に配慮しつつ、総合的に判断し、合格者を決定する。」とあります。

レベル・人気ともに高い高校が並んでいるので、海外帰国生徒選抜で合格できるといいですよね。

 

日本の学習は、何を優先すべき?

海外在住生は、やることがいっぱい

そこで出てくる悩みが、こんな悩みです。

保護者

インターナショナルスクールも学年が上がってきたら、課題が多くて大変になってきて、日本の学習が遅れつつあるみたいで。

何とか国語と数学だけでも…と思っていますが、なかなか時間が取れないようなんです。

 

ましてや、理科・社会には手がつかないようで…

というもの。

海外帰国生選抜で合格できなかった受験者は一般選抜の対象とし、一般選抜で再度選考されるので結局5科目の勉強が必要だ、と思って不安になるのですよね。

国語と数学を優先しよう

愛知県の公立高校入試の英語は、帰国生にとっては解きやすいです。

まず、帰国生選抜で必要な 数学と国語を優先的に 勉強しましょう!

 

できるだけ、地元の公立中学の進度と同じペースで学習を進められるといいですね。

教科書会社のホームページには学校の先生用の年間指導計画が載っていますので、それを見ると大体の進度がわかりますよ。

 

次の記事も役に立ちますよ。

あわせてご覧ください。

理科・社会はどうすればいい?
保護者

理科と社会は、全然手がつけられないようなのですが。

講師

日本国内の中学生も、定期テストが終わるたびにその単元は忘れていきます。

多くの生徒が、 中3の夏休みに覚えなおして受験に臨むから、今は心配なさらなくて大丈夫です!

教科書を読んでおくくらいでいいですよ。

 

普段その時間が作れなければ、長期休みに読ませるようにしてくださいね。

愛知県の帰国生入試を目指す海外生の方へ

講師

今回は問い合わせが続いた愛知県の方向けに書いてみました。

You-学舎のオンライン個別指導では、 スカイプ授業で、普段の学習から帰国生入試対策、TOEIC・英検対策、志望校の選び方、小論文(エッセイ)の書き方、面接対策まで、帰国生入試対策を万全に行えます

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】帰国生受験前に焦らないために

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

日本語で継続的に学ぶと、圧倒的に強い

急な帰国がきまって、受験対策に飛び込んで来られる方がよくいます。

「3か月後に帰国が決まりました」「入試まであと2カ月しかありません」バタバタと受験校を決めて、短期間で何とかしようとします。

私も慌ててカウンセリングを組んで、保護者の方と一緒に志望校について調べたり、問い合わせたりして、生徒もたくさんの課題に取り組んで、大変な経験をして何とか合格いう方が多いのも事実です。

帰国時期って自分で決められない場合が多いですからね。

 

でも、継続的に学習をされていて、帰国が決まってから受験対策に切り替える方もいます。

当然ですが、圧倒的に差が出ます。

今回はドイツで数学を受講しているRくんを見ていて、感じた日常学習の大切さについて、書いてみようと思います。

日本語での学びは大切

日本国内と同じレベルか、それ以上で学ぼう

ドイツ在住で数学を受講しているRくん。

お母さんとRくんと最初にお話をしたときには、「国語と数学を家庭教師の方に見てもらっていたけれど、その人が日本に帰ることになったから、学習を続けたくて…」とのことでした。

 

通える範囲に補習校もあるのだけれど、学習レベルが高いとは言えず、日本語の読み書きがままならないようなハーフの子も多いそうです。

そういえば、以前ベルギーやフランスの生徒からも同じような話を聞いたことがあるので、ヨーロッパの補習校には永住者のお子さまの割合が多いのかもしれないですね。

何の根拠もありませんが、何となく(笑)

継続して学ぼう

さて、日本とドイツの時差の関係で、平日学校から帰ってきたときには、日本は深夜です。

ちなみに 日本とドイツの時差は8時間、日本の方が8時間進んでいます。

 

ですから、Rくんが受講しているのは、土曜日の朝です。

日本の18:30から数学の授業なのですが、8時間差ということはドイツでは朝8時半なのです。

 

担当のK講師はいつも「おはようございます。今日も眠たいね〜」と呼び掛けて「はい。今起きたところです」みたいな会話から始まっています。

毎週エライなあと思いながら授業の様子を見ています。

土曜はサッカーがあるようなので、朝早くおきて日本の数学を勉強してからサッカーの練習に行くのでしょう。

帰国を意識した学習を続けよう

受講し始めたのが去年の春なので、そろそろ1年が経とうとしています。

本当によく続いています。

せっかくの休みの土曜日に、毎週早起きしてオンラインで数学の授業なんて、なかなか大変なはずです。

 

R君は優秀なので、担当のK講師もハイレベルな問題集を使いながら、今は中3の1学期後半あたりの学習を進めています。

中高一貫校を意識して学ぼう

いつ帰国が決まるかもしれないし、R君が編入試験を受けるなら、中高一貫で速めのペースで学ぶレベルの学校であることを見越して、高校での数学まで意識しながら、速めのスピードで指導しています。

 

中高一貫校では、 中高一貫校用の教科書や問題集(体系数学を使う学校が多いですね) を使って授業を進めていて、中3の内容は中2の後半から学びます。

式の展開や因数分解を学ぶときには高1レベルも一緒に学んでしまうことがよくあります。

 

そんな学校に編入しても困らないように週1回の授業で、できるところまでレベルとスピードを上げています。

模擬試験を受けよう

国内での自分の位置を知ろう

日本国内の生徒が受けるのと同じ模試も定期的に受けているので、日本国内での英数国の偏差値も把握できています。

帰国生入試ではなく、国内生の入試として志望校の判定も出るので、 入学後(編入後)にどれくらいの位置にいるか の目安になります。

本来は自筆の解答用紙が必要なのでしょうが、模擬試験の会社の方に事情を説明してpdfのやり取りでも国内生通塾生と同じ模試を受験できるようになりました。頼んでみたら何とかなるものですね。

 

準備をしておけば、帰国が決まっても安心

先日、今年の6月に編入試験を受けることになりそうだと、R君のお母さまから連絡がありました。

志望校について話をして、受験先の担当の先生にも入試内容について確認をしました。

 

K講師と数学の問題レベルについて見てみましたが、「このレベルの問題なら大丈夫だと思います」とのこと。

まだ、受験まで4カ月ほどあるので余裕を持って受験勉強に取り組めそうです。

 

語学の資格も取っておこう

帰国生入試では語学資格が大切です。

Rくんは TOEFL iBTで、普通にアメリカの大学に行けそうなスコア を取っているので安心ですが、中学生は英検の方が取りやすいと思います。

 

語学の資格をまだ取っていない方はこちらの記事もご覧ください。

講師

継続的に、帰国後のことを意識しなが学ぶのは大変ですが、受験が決まったときに負担が少なくて余裕を持って取り組めます。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】帰国生が中学入学までにやっておくべきこと

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

中学入学後、授業についていけるのか?

帰国生の中学受験が終わり、進学先がきまってほっと一息ついていることでしょう。

 

受験が終わったときには「良かった!合格できた!!」と喜んでいたけれど、少し落ち着いたら うちの子は入学してついていけるのかしら? と不安になって来るようです。心配は尽きませんね。

中学までのキャッチアップについての相談を受けるようになりました。

日本国内の中学受験生はどんな勉強をしてきたの?

日本国内の中学受験、 遅くとも小学4年生には対策を始めます。

毎日のように塾に通ったり、夏期講習で長時間の学習をしたりして、大量の時間を受験勉強に費やします。

 

中学受験の算数は教科書レベルをはるかに超えていますし、中学入試の理科や社会の問題は公立高校の入試問題より難しいこともよくあります。

そんな入試をくぐり抜けてきた子どもたちと同じ教室で授業を受けるんだと思うと、大丈夫かな?と不安になってくる気持ちもよく分かります。

入学までにキャッチアップしておきたい

帰国生の中学入試では2科目か3科目が多いですね。算数・国語・英語の受験勉強はしていても理科・社会の受験勉強をしていない生徒がほとんどです。

現地校やインターナショナルスクールでは当然日本の理科・社会とは違う内容を学びますし、補習校に通っていても算数と国語がメインで理科社会は教科書も読んだことがないなんていう子も珍しくはありません。

 

中学に入学して授業が始まるまでおよそ2カ月。

今回は帰国生が中学入学までにやっておくべきことを科目別に紹介してみますので、キャッチアップしておきたい不安な科目にのところを読んでくださいね。

中学入学までにしておきたいこと

国語でしておきたいことは漢字と文法

帰国生の苦手な漢字の書き取りは是非取り組みましょう。教科書レベルで問題ありません。

また、日本語の文字を書き慣れていない場合は、日本語を書く機会を増やしましょう。

 

補習校に通っていたとしても文法の学習は十分ではありません。

文の組み立て(主語・述語・接続語・修飾語など)、品詞(名詞・動詞・形容詞・形容動詞など)、敬語などは学習しておきたいです。

四字熟語や慣用句については学習マンガでひと通り確認しておいてもいいですね。

学習マンガについてはこちらの記事にも書きました。

算数は計算力の向上を

実は、中学受験の算数はあまり中学になってから学習する数学と直結していません。

現地校やインターナショナルスクールで、しっかり理解できていれば思考力は養われているはずです。

 

ところが、帰国生が苦労するのが計算力です。日本国内の算数・数学は 計算の速さとスピード が求められます。

計算ミスをすると減点されますし、計算スピードが遅いとテストで最後の問題までたどり着けないかもしれません。

小学校レベルまでの計算練習をしっかりとやっておきましょう。

社会は日本地理と日本の歴史を知ろう

社会が一番苦労する科目 のようです。

日本地理も日本の歴史も公民も何も学んでいないので、当然です。

 

今までにほとんど学習していないなら、5〜6年生の教科書をノートにまとめてみてもいいですね。

海外在住期間が長い方には、日本語を書くいい練習にもなります。

日本地図を書き写すことで書きながら覚えていく子もいます。

 

覚えることまで目標にすると苦痛になるかもしれないので、知っておくことで十分です。

地図や資料なども見ながら目を通しておきましょう。

理科は用語をチェックしておこう

現地校やインターナショナルスクールでも化学や物理、生物、地学は勉強していますから、そんなに大変ではありません。

4年生〜6年生までの日本の教科書を読んで理科用語に慣れていきましょう。

 

また、社会と同じようにノートまとめをして整理していくといいですよ。

講師

入学に向けてのキャッチアップをしておくと、安心ですね。コツコツ続けましょう。

You-学舎ではお子さまの入学する学校とお子さまの学習状況に合わせてキャッチアップのメニューを組みます。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。

【関連記事】


【海外子女】日本と海外の算数・数学で無敵に!

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

日本の算数とアメリカの算数

海外に住んでいる小・中・高校生の指導をしてきて、算数・数学のアプローチが日本と海外では色々違うなぁと感じています。

いずれ日本に帰ってきて、日本の学校で算数・数学を学ぶなら、そして今海外に住んでいて、現地校やインターナショナルスクールに通っているなら、欲張って両方のいいとこ取りをしちゃいましょう。

日本の算数

計算のスピードと正確さが重要

小学生の算数で、日本がいいなあと思うのは 徹底的な計算練習と九九 ですね。

小学生の低学年の頃には、小学校2年生で九九を暗唱するので、誰でも1桁のかけ算はスラスラ解けます。

 

また小学生の頃は、毎日のように計算ドリルから宿題が出るので、計算スピードが速くて正確になります。

だから日本人は、暗算でお釣りが計算できるって言いますよね。

でも、電子マネーが広がっていくと、「お釣り」という概念もなくなるんでしょうね…。

九九は必ず覚えよう

アメリカでは、九九は表を見て、その答えを使うのですね。

 

今年の夏、アメリカから帰ってきた小学生、現地では通える範囲に日本語補習校がなかったということで、九九を覚えていませんでした。

これは大変だ!ということで夏休みの間に九九の練習をして、大急ぎで覚えてもらいました。

日本の小学生なら九九は必須 ですからね。

アメリカの数学

現地校では掛け算を面積図で考える

では、海外の子供たちは計算力が低くても大丈夫なのか?というと中学校になったら電卓を使うようになるので、計算は電卓がするというスタンスなのでしょう。

アメリカの現地校の算数では、かけ算を面積図で考えますよね(州によっては面積図は使わないのかもしれませんが)。

 

これはかけ算のイメージが分かっていいなぁと思います。

日本国内の保護者の方には、「かけ算の面積図って?」という方がいらっしゃると思います。

45×59ならばこんなふうに考えます。

これは日本の小学生にも有効そうですね。

このイメージを持った上で、日本式の筆算を解いていくと、理解が深まりそうです。

現地校では「なぜそうなるのか?」という理屈を重視する

現地校では、面積の公式や体積の公式を学ぶときに、 「なぜそうなるか?」を重視 しますね。

どうしてこの公式が導かれたのかしっかり学びます。

 

これもいいですね。

日本の算数ではさらっと説明した後で、実際に公式を使いながら問題を解いていく(手を動かして計算してみる)のに時間をかける先生が多いように思います。

問題を解きながら、公式の意味をつかむ子も多いです。

 

現地校と日本の算数の両方をマスターすれば無敵!

現地校の学びと、日本式の算数の両方を身につければ無敵! になるのではないでしょうか?

 

現地校で理屈重視の算数を、補習校で徹底演習重視の算数を学べるのは、貴重です。

日本で中学・高校・大学入試を受験することになるなら、思考力とともに計算のスピードも正確さも求められますからね。

算数の計算をコツコツ毎日するのは大変なので、小学生のうちは計算は学習アプリを使ったり、タイムトライアルをしたりして、ゲーム感覚で楽しんでみるのもいいです。

 

アメリカンスクールの数学

論理的思考を大切に

ペルーでアメリカンスクールに通っている高校1年生のT君。

海外の大学に進学するか、日本の大学に進学するか決まっていません。

また急に帰国することになるかもしれません。

 

そんなときに困らないように、日本の高校数学をオンライン授業で学んでいます。

彼によると、アメリカンスクールの授業で公式を扱うときには、「なぜその公式が出て来たのか?」、論理的に考えることを大切にしているそうです。

中学から計算は電卓で

T君の話によると、アメリカンスクールでは、中学になったら電卓での計算を徹底的に学ぶんだそうです。

計算は人間がするよりも電卓がする方が正確で速いですから、ある程度の学年になると計算は機械に任せて、論理的な問題を解くことにシフトするのは合理的ですね。

 

だからこそ、 学力の高い生徒は、ハイスクールで大学レベルまで進む時間の余裕ができる のですね。

電卓もアリだなぁと思います。

 

でも、日本の数学は、今のところ大学入試までは手計算です。

正確さとスピードが求められるので、日本の数学問題を解くときには電卓はなしですよ!

 

日本の高校数学

平方完成って何?正弦定理って何?

T君は日本に一時帰国したときに、数学IAの参考書を買って、自分でも日本の数学を学習していました。

でも、日本の数学はアメリカンスクールとアプローチが違って、一人では混乱してしまったとのこと。

数学Iの二次関数でも、日本では定番の「平方完成って見たことがないなぁ。何のためにするんだろう?」とか、三角比の「正弦定理って何?」という感じたそうです。

日本とアメリカ両方のアプローチで学ぶと、総合力が上がる

オンライン授業で、担当の先生が 「正弦定理の公式」を証明 したところ、納得がいって、公式を使えるようになりました。

平方完成も問題演習と解説を繰り返したところ、納得できたようです。

 

授業では、基本的には日本の高校の数学の教科書と、学校でよく使う問題集(4stepなど)を使いながら数学I数学Aを学びますが、アメリカンスクールのテスト前には、テスト対策の質問も受けています。

大学進学にはハイスクールの成績も重要ですからね。

 

色々なアプローチで数学を学ぶと、理解が深まります。

海外で暮らしているからならではの、贅沢な学びですね。

講師

小学校の算数も、中学・高校の数学も海外と日本では進度も違うし、指導の仕方も違いますが、バランスを取りながら上手に学んでいきましょう。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】日本の中学生は、どうやって国語を勉強している?

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

日本の中学生は、国語をどんなふうに勉強している?

海外に住んでいると、日本国内の中学生がどんな学習をしているのか?気になりますよね。

 

今回は京都のある中学校、2年生の学年末テスト試験のテスト範囲と、テストに向けて生徒たちがどんな勉強をするかを見てていきましょう。

京都市の国語の教科書は海外在住の方に配布される教科書と同じ「光村図書」なので、中学2年生の教科書がある方は実際に教科書を見てくださいね。

定期テストの範囲を見てみよう

中学2年生の学年末テストの実際のテスト範囲がこちらです。

京都市のある中学校の国語のテスト範囲
  • 四字熟語(12)、(13)、(14)、(15)
  • 漢字マスターp.40〜47
  • 暗唱(百人一首)
  • 動詞・形容詞・形容動詞の活用
  • 敬語p.125〜127
  • 同音・同訓p.128〜129、便覧p.217〜221
  • 五重塔はなぜ倒れないか
  • 君は「最後の晩餐」を知っているか
  • 走れメロス

なかなかハードなテスト範囲です。

 

海外在住生は、知識問題が苦手

補習校に通っている(または通っていた)中学生の国語の授業をスタートするとき、まずは日本の国内通塾生が受ける模試と同じ問題を解いてもらって、どれくらいできるか様子を見ます。

このとき読解問題は比較的よくできていても、文法や知識問題はほぼ全滅というパターンがよくあります。

 

解説授業のときに聞いてみると、文法の勉強はしたことがないという生徒も多いです。

古文もほとんど学習したことがないという声もよく聞きます。

週1日の補習校の授業では文章(主に現代文)を読むだけで精一杯ですよね。

現地校やインター校と両立さえているんだから、それだけでもスゴイと思います。

 

今回は日本の中学生のテスト勉強について書いてみます。

日本の中学生は、テスト対策をしながら知識を増やす

さて、範囲表見ると、「五重塔はなぜ倒れないか」「君は『最後の晩餐』を知っているか」「走れメロス」以外、太字部分はすべて知識問題です。

文章読解問題だけではなく、 知識問題もたくさん出題される んです。

 

日本国内の中学生はこんな感じで発表されたテスト範囲表をもとに、テスト勉強をしながら文法や語彙力、知識を身に付けていきます。

知識問題は覚えるしかない

この中学校では、テストに向けて四字熟語プリント4枚が配られています。

これは覚えるしかないですね。

四字熟語は毎回のテストで出題されます。

 

今回は四字熟語プリント(12)〜(15)がテスト範囲なので、 1年間で15枚の四字熟語プリントを覚えてきた ことになります。

毎回のテスト勉強をしっかりすると、かなりの量を覚えることができます。

 

漢字マスター(漢字ドリルのようなテキスト)は8ページ分、これも覚えるしかないですね。

暗唱の「百人一首」は、冬休みの宿題の定番なので、その確認テストのような感じでしょうか?

高得点を取るにはコツコツと覚えていくしかありません。

四字熟語は覚えておきたい

以前中学1年から3年の途中まで、2年間をアメリカで過ごしてICU高校に合格した生徒が、高校に入ってから「四字熟語などを覚えていなかったから、学校の授業で出て来ても意味がわからなくて大変だった」と言ってました。

いずれ日本に帰って来て、日本の学校で学ぶなら何か対策をしておきたいですね。

彼女のICU高校合格体験記はこちらの記事をご覧ください。

文法は理解すればOK

動詞・形容詞・形容動詞の活用は「未然形」「連用形」などの活用形や「五段活用」などの活用の種類を学びます。

覚える分量はあまり多くありません。

効率よくポイントを押さえて教えてもらえば短時間で理解できます ので、帰国が決まってから急いで学び直してもいいですよ。

 

日本の中学生も敬語が自然に身に付くわけではない

まずは敬語について理解する

敬語では主に丁寧語・尊敬語・謙譲語について学びます。

教科書にはこんな表が載っています。

尊敬語と謙譲語の例
動詞 尊敬語 謙譲語
見る ご覧になる 拝見する 
食べる 召しあがる いただく 
問題を解きながら敬語を身に付けよう

「海外で暮らしていると尊敬語や謙譲語を使う機会はほとんどないので…」とおっしゃる保護者の方も多いのですが、実は日本国内の中学生も、尊敬語や謙譲語を使うことはあまりないです。

 

では、どうやって身に付けるのかというと、テスト勉強をして覚えていくのです。

表を見て覚えたあとに問題演習をして定着させていきます。

 

では、実際にどんな問題を解くか見てみましょう。

下線部を特定の形の動詞を使った敬語に書き改めなさい。

(1) お客様がデザートを食べる

(2) 先生から賞状をもらった

答えは(1)「召し上がる」(2)「いただいた」ですね。

こんな問題パターンもあります

次の文の敬語の使い方が誤っている部分に棒線を引き、その部分を正しく書き改めなさい。

(1)田中様は何時に参りますか。

(2)先生が廊下に並ぶように申された

(1)参りますかに線を引いて、「いらっしゃいますか」

(2)申されたに線を引いて、「おっしゃった」(言われましたでも正解)

と改めればいいですね。

 

こんな感じで問題を解きながら経験を積んでいきます。

海外在住の中学生も少し時間をかければ敬語は身に付けられます

漢字の使い方もテスト勉強をして身に付ける

同音・同訓は教科書では「侵す・冒す」「図る・諮る」など20の例が出ています。

それに加えて便覧で5ページ分プラスされていますから、かなりの量になります。

これも読書好きな生徒は感覚で分かっていますが、ほとんどの生徒は学習して覚えていきます。

 

帰国生にとって、漢字は永遠のテーマでしょうか?コツコツ覚えていきましょう。

 

海外在住の中学生に取り組んでほしいこと

今回のテスト範囲で海外在住の中学生に取り組んでおいてほしいのは、四字熟語と敬語です。

長期休みなど時間が取れるときに取り組んでみてはいかがでしょうか。

講師

日本に帰ってきてからやっておけばよかったこと、中学生は四字熟語や歴史、日本地理と答える生徒が多いです。

四字熟語、日常生活で使うことは少ないので一度時間をとって覚えておくといいですよ。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせは こちら からどうぞ。

 

あわせて読みたい記事

 

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】国語力を上げるには?小学校低学年編

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

小学校低学年で、海外で暮らし始めたら

日本語力の維持と向上に取り組もう

海外で暮らし始める年齢が低ければ低いほど、すんなりと現地校やインターナショナルスクールでの生活に慣れていきます。

必要な英語力も語彙も少なくてすむので高学年のお子様や中学生に比べたら、ずっと速く新しい環境に馴染めます。

 

その反面気を付けたいのが 国語力・日本語の維持と向上 です。

母国語が定着するのは10歳〜12歳くらいと言われていますので、日本国内の子供と同じように国語力を形成していくには意識的な取り組みが欠かせません。

 

小学校高学年の保護者の方は、【海外子女】国語力を上げるには?小学校高学年編をご覧ください。

教科書音読と書き取りは、毎日取り組もう

日本の小学生の宿題の定番

日本国内の小学生の宿題の定番は教科書の本読み(音読)です。

また、1年生ならひらがな、カタカナ、漢字の書き取りも毎日宿題に出ます。

そして2年生、3年生と学習する漢字がどんどん増えていきます。

週末の補習校での日本語の読み書きだけでは不十分なので、低学年の間は毎日教科書の音読、漢字の書き取りをすることをオススメします。

 

「教科書の音読」については、どんなペースで進めればいい?

どんどん先取りしてもいいですが、補習校に通っているなら、補習校のペースに合わせていれば問題ありません。

1日1回読む、夕ご飯の後に読むなど、ルールを決めると継続しやすいです。

スラスラ音読できるまで、何度も繰り返してくださいね。

日本国内の小学校の進度を知るアイテム

もし通える範囲に補習校がない方も、教科書は入手されていますよね?

海外在住の方がお持ちの国語の教科書(光村図書)は光村図書のHPで年間指導計画・評価計画資料を見ることができます。

例えば1年生の9月なら「ゆうやけ」や「うみのかくれんぼ」を学習しているんだなと分かります。

また、評価基準の欄を見ると、学校の先生がどんなことを基準に成績をつけるのかがわかるので、何を目標にしたらいいかが見えてきます。

 

教科書以外にするべきこと

日記や作文でアウトプットしよう

アウトプットには作文や日記が書くことがオススメです。

1週間に1つくらい、最初は短い文でかまいません。

とにかく日本語を書くことを習慣にしていきたいです。

休みの日に行った場所について、学校であったこと、きれいな景色をみたこと、スポーツをしたことなど、自分の経験を日本語で書けるようにしていきましょう。

 

学年が上がると、学んだ漢字が増えていきます。

習った漢字は必ず使うルールが大切です。

インプットしてもアウトプットしなければ定着しません。

 

少しずつ日本語で文章を書くことに慣れてきたら、自分の気持ちなども書くようにして、日本語で考える時間を作りましょう。

また、絵が好きな子なら絵日記を書くようにすると楽しんで続けられます。

遊び感覚でも机に向かう時間を増やすことができるので、自然と日本語で学習する習慣がつきますよ。

日本の文化や風習を身に付けよう

小学校低学年から、またはそれ以前から海外で暮らしている場合、日本の文化を体感する機会が少ないですね。

お正月や夏休みに一時帰国するくらいですから、日本で過ごす季節も限られてしまいます。

補習校の規模が大きければ七夕祭り、運動会や文化祭などはあるようですが、お花見や紅葉狩りを体感するのは難しいです。

海外に住む小学生たちの国語を指導していると、語彙力以外にも色々なハードルがあります。

楽しみながら身に付けよう

では、どうやって対策するか?正統派な方法は読書です。

日常会話では使わない言葉や言い回しが出てくる本 がおすすめです。

でも、海外では色々な本がすぐに手に入らない…。というのが以前は悩みの種でしたが、今は電子書籍もありますので活用していきましょう。

また、 保護者の方には懐かしい「まんが日本昔話」 を見るのもいいですね。

日本国内の小学生も国語で、ちょっと古い話だったら土間って何?囲炉裏って何?となりますから、海外在住の方にもおすすめです。

カルタやなぞなぞなども、楽しみながら日本語と日本の文化を身に付けられそうです。

 

文字を書く習慣を身に付けよう

日本国内の小学生たち、1年生のうちは字を書くことに慣れていないので、マス目からはみ出しそうな字を書いたり斜めになった字を書いたりしますが、学年が上がるにつれて読みやすい字を書けるようになります。

 

海外在住期間が長くなればなるほど、学年よりも幼い文字を書く子が多いように思います。

いずれ日本に帰ってくるなら、日本語を書き慣れておいてくださいね。

講師

漢字ドリルなど、繰り返したいときはネットで無料のプリントを使うのもいいですよ。こちらは国内生の保護者様にもオススメしているサイトです。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちら からどうぞ。

 

あわせて読みたい記事


【海外子女】国語力を上げるには?小学校高学年編

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:教育

海外在住時、お子さまの国語力をどう伸ばすか?

小学校の高学年から海外に住むことになり、現地校やインターナショナルスクールに通われることになったお子さまが学校の授業についていくのは本当に大変で、新しい環境に馴染むのも友達を作るのも難しいです。

でも、 国語力の向上(維持ではありません) についても意識して取り組んでくださいね。

もし、何もしなかったら、日本を離れた時点の国語力で止まってしまいます。

まずは新しい環境に慣れることを優先

小学校高学年になってから、海外で暮らし始めた場合、まずは英語が分からなくて苦労します。

先生や友達が言っていることが聞き取れない、教科書に書いてあることが読めない。

学校の宿題も辞書を引きまくって、親もできる限り協力して何とか仕上げる、という状態になります。

 

この時期は国語力向上は後回しで構いません。

通える範囲に補習校があれば、日本語で話すことがストレス発散にもなるので、補習校にはできるだけ通ってください。

 

英語が聞けるようになってきたら

子どもは大人と違って、海外で英語漬けになると、どんどん英語が聞こえるようになります。

また、語彙もどんどん増えて、自分で思い通りに英語を話すのは難しくても、先生や友達の言っていることが分かるようになります。

この段階で国語力向上に取り組み始めましょう。

漢字が書けない?

海外在住のお子様は漢字が読めても書けないことが多いです。

日本国内の子どもたちは、国語はもちろん、算数や理科、社会のノートも日本語で書きます。

先生の板書を映したら、自然に漢字を書き写すことになります。

毎日学校で、日本語を書くことになります。

 

それに比べて海外在住の子どもたちは日本語を書く機会が圧倒的に少ないですよね。

漢字が苦手なのも当然です。

日記や作文がオススメ

漢字は(そのほかの暗記事項も)せっかく インプットしてもアウトプットしなければ、定着しません。

 

では、どうやってアウトプットするか?

私の生徒には週に1本、日記や作文を書いてもらっています。

日記や作文を書くときには漢字を使うことだけでなく、自分の気持ちや、なぜそう感じたか?などを書くようにすると、 日本語で論理的に考える経験も積めるの でおススメです。

日記や作文を書いたら添削をして、書き直すとさらに効果が上がります。

漢検のテキストはもおススメ

漢字検定のテキストは、漢字の書き順も載っていますが、類義語・対義語、同音異義語、四字熟語など、日本国内の小学生たちが学ぶことを同時進行で効率よく学ぶことができます。

タイミングが合えば一時帰国のときに受験をしてもいいですし、一部海外会場でも実施しています。

漢検協会のホームページに過去問題があるので、実際に受験しなくても問題集が終わったらためしに問題を解いてみてもいいです。

 

語彙力を上げよう

学力は高くて、文章読解力もあるのに、語彙力が足りないから日本語の文章を理解できないのも、海外在住生あるあるです。

10歳ころまで日本で過ごしていたら母国語としての日本語は完成しているので、日常会話には全く困らないですが、何もしないでいると、語彙力は日本を離れたときで止まったままです。

意識して語彙力を上げていきましょう。

 

楽しんで学習するには学習マンガもいいです。

よろしければ海外在住の小学生におススメの学習マンガの記事もご覧ください。

文章の書き写しもおすすめ

教科書の文章を書き写してみましょう。

ここで、 普段使わない社会や理科の教科書の出番 です!

すべての科目の教科書が配布されてますが、補習校では国語と算数がメインで、理科や社会の学習をしない学校も多いようですからね。

小学5年生の社会の教科書の文を見てみましょう。

日本の工業には環境問題やエネルギー問題など多くの課題がある中で、持続可能な社会をめざして、多くの取り組みが行われています。

慣れないうちは、「日本の工業には」の部分を見て書き写して、次に「環境問題や」を見て書き写して、次に「エネルギー問題など」の部分を映して、というようにで、ブツ切りで文章を写すので時間がかかります。

でも、書き写しを繰り返していくうちに、少しずつ長い単位で文を書き写すことができるようになります。

文章書き写しの利点

最終的に「日本の工業には環境問題やエネルギー問題など多くの課題がある中で、」まで一気に書き写して、次に「持続可能な社会をめざして、多くの取り組みが行われています。」の部分を書き写すという感じになります。

 

日本語の文章を読んだら、すんなりと頭の中に文がインプットされて、それをアウトプットできるようになるのです。

漢字や語彙力も上がりますし、同時に 日本国内の子どもたちが学ぶ社会も学んでいけるの で、一石二鳥です。

 

家庭で持続するのは大変なので、保護者さまからの働きかけが必要ですが、やる価値は大いにあり!です。

 

日本語での学習を続けよう

海外在住の方とカウンセリングをすると、補習校のレベルは色々なんだなあと感じます。

指導者が熱心でレベルの高い補習校もあれば、海外生まれのハーフで、日本語の読み書きがままならない子が結構通っていて、授業レベルが低いという話も聞きます。

 

そんな場合は、家庭での学習がとても大切です。

また、補習校の学習だけでは、急な帰国が決まったときに、学校の選択肢が狭くなります。

選択肢を広げるために、国語力を向上させ、日本語での学習を続けてくださいね。

講師

現地校の学習も大変なのは分かりますが、いずれ日本に帰って来るなら、日本語での学習も続けてくださいね。

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 

あわせて読みたい記事

 

この記事は、なみまつが書きました。


【海外子女】中学編入試験に合格したらやるべきこと

 帰国生向け情報

帰国生は、中学編入試験合格後に何をやるべき?

12月〜2月頃まで帰国生受け入れ校の編入試験(4月編入)があります。

編入試験は実施されない年度もあるし、定員も若干名で難しいので、できれば帰国生枠の中学入試、高校入試で受験したいですが、急な帰国が決まることもありますからね。

 

すでに合格されているみなさま、おめでとうございます。

また、入試に向けて受験勉強中のみなさま、ラストスパート頑張ってくださいね。

ところで、編入試験合格が人生のゴールではありません。

 

編入試験を経て、日本の中学・高校に進学した生徒の話をきくと、とにかくキャッチアップが大変だったそうです!

中1入学なら、新たな学習を同時にスタートできるので、毎日塾に通って難しい中学入試をくぐってきた国内生に何とかついていけるようです。

でも、編入の場合はカリキュラムの途中から入っていくので、今から4月まで、3カ月ほどの期間をどう過ごすかがとても大切です。

まずは、教科書・問題集を手に入れよう

中高一貫校に編入する場合は、進学先の学校が使っている教科書と問題集を手に入れましょう。

 

教科書は学校に頼んで取り寄せてもらうこともできますし、一般の書店でも取り扱っているところがあります。

特殊な教科書を使っていることも多く、問題集は市販されていないので、学校にお願いして購入してください。

新学期に近づくと教科書は手に入れづらくなるので、今がチャンスです。

帰国生が中2編入までにやるべきこと

国語と数学を最優先で

さて、帰国までに最優先で学習しておきたいのは、何といっても国語と数学です。

 

特に 現地校とは数学のアプローチが違うので、戸惑わないように日本の数学を学習しましょう。

現地校やインターナショナル校に通っていたなら、漢字を書く機会が圧倒的に少ないですよね。

中1までに学ぶ漢字は書けるように練習しておきましょう。

 

古文は教科書に載っている文を音読して、意味を確認しておくといいです。

現代仮名遣いなど、読み方が間違っていないか先生に確認してもらいましょう。

 

理科・社会は教科書を読んで内容を理解できれば問題ありません。

国内で学習している生徒たちも、理科・社会は定期試験が終わったらその単元は忘れてしまいますので(笑)。

学校の進度を確認しよう

大学受験をすることが前提の中高一貫校に編入される場合は、中1の終わりには中2の内容に入っていることが多いです。

学年末テストの範囲を教えてもらえるなら、そこまでの学習ができていると安心ですね。

 

編入先の先生に、いろいろと相談してみてください。

定期試験の問題があれば、中2最初の定期テストのときに対策がしやすいので、テスト問題がもらえないか、お願いしてみましょう。

帰国生が中3編入までにやるべきこと

国語と数学を最優先で

最優先で学習しておきたいのは、やはり国語と数学です。

特に現地校とは数学のアプローチが違うので、戸惑わないように日本の数学を学習しましょう。

 

国語については、補習校に通っていても古文はほとんど学習していませんから、古文・漢文の学習をしっかりしておきましょう。

また、漢字に加えて四字熟語など、覚えるべきことは3月末までに覚えていきましょう。

 

理科・社会も、できれば教科書は読んで内容理解をしておきましょう。

帰国生が中高一貫校の中3編入までにやるべきこと

学校の進度に注意!高校内容も学習している?

中高一貫校では、中2の終わりには中3の内容を学習しています。

また、数学では高校の数学IAの内容をからめて授業を進めていることもあります!

中3の最初に学習する因数分解を学ぶときに、高校の数Iで出てくる公式まで理解できるように、補助プリントを使う様子もよく見ます。

 

定期テストの問題や授業で使っているプリントなどを事前にもらえるなら、それを見て対策をしておきましょう。

高校内容と連動しているかどうかなど、わからなければ先生に質問しましょう。

帰国生が公立中学に編入、高校入試受験までにやるべきこと

中学3年生で帰国する場合は、高校で帰国生入試を受験することを視野に入れて公立中学を選択する人も多いですよね。

編入試験よりも募集定員が多く、学校の選択肢も広がります。

 

この場合は、中学2年生までの数学と国語の教科書(補習校や日本人学校で配布されたものがあれば、それでOKです)の内容を学習しましょう。

社会の復習もしておこう

高校入試では、帰国後の公立中学校の評定も提出することになります。

多くの中学校では年に5回の定期テストがあり、1回目は5月に実施されます。

 

環境も変わって大変ですが、最初のテストからしっかりと結果を出さなければなりません!

特に、帰国生が苦労する社会では中3の初めに歴史の後半を学びます。

歴史の学習には地図も出てくるので、日本地理も必要です。

4月までに日本地理の復習もしておきましょう。

 

語学資格は取っていますか?

帰国生入試を受験する場合、語学資格は少しでも高い資格・スコアを取っておきましょう。

帰ってくるまでにできるだけ英語力をあげましょう!

 

英検については、「【海外子女】帰国生入試には英検何級が必要?」もご覧ください。

講師

帰国までの数カ月、現地校の学びとキャッチアップで大変ですが、4月からの新しい生活が楽しめるように、しっかり準備しておきましょうね。

 

You-学舎では、編入までのキャッチアップ講座も開講しています。

数学を受講しながら、漢字や社会の宿題を出してチェックテストも行い、暗記事項の確認もします。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 

この記事は、なみまつが書きました。