You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

9月入学がささやかれるが、はたしてそれは本当に必要なことなのだろうか。

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

 

9月入学になったときのメリットデメリットを紹介。というわけではありません。そういうのはもうネットにあふれていますし。

正直に言えば、9月入学に関してはどちらでも構いません。どうでもよいですが、どっちか選べと言われれば否定的かもしれません。学校の負担が尋常ではないので(あくまでこれは千里山の瀧本個人の感想。)

どっちでもいい理由は、別に入学時期が子供たちにとって肝要だとは思っていないからです。

「グローバル化の障害だ」ていう人もいるようですが、それって今必要なことですか?どの国も鎖国化傾向どころか都市封鎖も辞さない非常時にグローバル化を議題にするって正気なんですかね?

 

今一番大事なことを再確認

私の基本的な考え方は一つ。こどもにとって最善な場を用意できるのか。ということです。

これは子供だけでなく、家庭や学校教育全体の話だと思ったほうが良いと思います。

必要なのは学習ではなく、環境

今は、子供たちに学びの場を、コミュニケーションの取れる環境を、確保しましょう。

例え、どのような決定がなされたとしても、振り回されないで対応できる準備をしておく必要があります。

9月入学となった場合の学校教育の負担

そもそも、教科書のつくりから変えないと対応できません。教科書が変わると、教員は指導計画を作り直す必要があります。その研修、勉強会もできません。そんな練りこまれていない教育を受けることが果たして最善なんでしょうか?

これは学校だけの責任を押し付けるものではありません。地域一丸となって、こどもの学びを守る必要があります。

オンラインも作りこまれていないのでは?

学校再開の目途をたてるにしても、オンラインということは避けられないでしょう。

オンラインだって急造だと思うかもしれませんが、少なくとも、今までの勉強の流れは使えます。ツールの研修もオンラインで行えるので、負担は少ないです。要は慣れの問題です。教材研究が少ないだけマシです。

 

今私たちがやるべきこと、できること

国の対応はこれ以上はないと思って行動するしかない

国の対応を待つことはできません。というのも、国には現状をすぐに解決する手段なんて用意できないのです。

私たちよりはるかにかしこい人々が見つけられていない以上、少なくとも私には見つけられる気がしません。1億人を超える人たち全員に現状調査をし、ネット環境を整え、デバイスを作成、購入、手配し、配る。デバイスを用意するだけでも容易ではありません。今春配布予定だったデバイスの準備ができていない学校もありますからね。

物理的な手段よりも、制度的なフォローを考えてほしいです。

自治体クラスであればまだ対応可能な市もあるかもしれませんが、大阪、京都のような都市部では人口的にも難しいでしょう。

 

オンライン授業の選択肢

これに関しては、ほぼ二択です。

各所が展開する動画授業か、オンライン個別。

オンライン集団を受けるなら動画でよいと思います。直接見てもらえない以上、オンラインで生の集団授業を受ける必要がほぼありません。一人で学習できるのであれば動画授業も悪くないと思います。

オンライン個別

普段となるべく変わらない形でオンライン授業を実施しています。

オンラインは今までも実施ていましたので経験もあります。詳しくは下の画像から詳細記事へ。

地域オンライン

増やそう、家族のコミュニケーション

家族が子供に与える影響は、学校、塾、習い事とは比べ物になりません。

テレワークが増えていると思いますが、きっちり仕事をしている姿を見せることは大切です。

通勤時間が無くなったことによる時間の余裕はこどもとのコミュニケーションに使ってほしいと思います。もちろん、こどもにも都合はあるので、嫌がられない程度ではありますが(苦笑)

 

 

この記事はたきもとが書きました


中学3年生 休校期間延長の今、何をすべき?

 保護者様向け情報

休校期間中に何をすればいい?

学校はいつ再開するの?

5/7からは学校再開なのかな?と4月の初めには思ってましたが、京都市の公立学校でも5/17までの休校延長が決まりました。

テレビなどでは、新学年の学びが進んでいないことが取り上げられていますが、3月5日から休校になったので、 前学年の学び残しがある学校も結構多いはずです。 西院教室近隣の中学でも、理科や数学など丸々1章残っている学校もあります。心配で仕方がありません。。

もちろん4月からは全く授業がない状態なので、学校から課題は出ているものの、ほとんどが復習課題のようです。(社会などは予習が出ている学校もあるようですが)

受験はいつになるの?
中学3年生のお子さまがいる家庭では、高校受験はどんどん近付いてきているのに学校の授業は進まない、とっても心配な状況ですよね・・・。
9月入学?なんて話もありますが、どうなるかは全く見えてきません。もし、来年もいつもどおり4月入学になるなら、私立高校入試は2月初旬、公立高校前期入試は2月中旬、公立高校中期入試は3月初旬です。
先が見えない今は、例年通りの受験を想定して、できることを進めていきましょう。

理科社会の復習をやるのは今!

夏休み短縮なら受験勉強の時間が少なくなる
もし、来年も4月入学なら今年の夏休は短縮されるでしょう。 大阪府教育庁の試算では、5月25日に学校を再開するとしても夏休み冬休み合計16日の短縮になるそうです。
そもそも、京都市は以前から夏休みが短期化していて、例年8月4週目くらいから学校が始まります。さらに前倒しになると、本当に短い夏休みになりそうです。そして、いつもなら受験生にとって夏休みは勝負の時期です。塾の夏期講習で毎日長時間の学習をします。夏休みに1年生からの総復習や弱点補強をするわけです。ところが、今年は先が見えません。休校で時間があるうちに、受験勉強を進めていきましょう!
なぜ今、理科と社会をするべきなの?
数学や英語は中学2年生の学びには中学1年生の内容が関係しています。例えば中学2年生の数学で一次関数を学ぶときには、中学1年生の比例・反比例が土台になるので、忘れていた子どもも、そこで思い出すのです。
では、理科や社会はどうでしょうか? 例えば中学1年生の社会でアメリカの地理を学ぶと、定期テスト前にその範囲を覚えます。テストが終わって、次のテスト範囲のヨーロッパを覚えたときにはアメリカのことはすっかり忘れてしまいます。そして次にアメリカの地理を覚えなおすのは受験勉強のとき、つまり中学3年生の夏休みというわけです。理科も同じです。
今年は夏休みにじっくり受験勉強をするチャンスがなくなるかもしれません。5月の休校期間延長の間に学校の課題にプラスして、是非理科と社会の受験勉強をしましょう。
アウトプットの学習がおすすめ
理科と社会の復習というと、ノートまとめに走る子が出てきそうですが、理科や社会の教科書はとってもよくまとまっています。それをさらにまとめるには、非常に高い学力が必要です。
ノートまとめをすると、当然ノートに文字が並び、時間が過ぎていくので勉強しているという実感がわきます。絵が得意なら、図や地図なども書いて、カラフルなペンを使ってきれいな作品に仕上げます。勉強をした達成感はあるのに、全く頭に入っていないのは、中学生あるあるです。理由は簡単で、学習をしているからではなく、作業をしているからですね。
内容をすっかり忘れているなら、ノートまとめはせずに教科書を読み直して頭を整理してから、 学校や塾の問題集を解き直してインプット→アウトプットをしていきましょう。 問題集がない場合は、中学1〜2年生の定期テストの解き直しもお勧めです。忘れていることを実感できるはずです。
塾の課題もしっかりと
You-学舎の中3生には理科・社会の復習課題を出しています。理科は物理や化学など、1人では難しい単元はとばして生物地学などの暗記事項を中心に課題を出しました。
オンライン自習室に来た子たちには、なぜこの課題を出したか説明して、受験勉強として理科社会の課題を進めるように、1人ずつ話をしました。すでに課題を終えてくれている頑張り屋さんもいます!が、学校の課題が優先でなかなか手が回っていない子もいるはずです。お家の方からも、塾の理科社会の暗記プリントが進んでいるかどうか、声をかけてあげてくださいね。

自分でできる範囲で予習をしていこう

数学の予習や漢字、英単語の先取りを!
塾に通っていなかったり、塾のオンライン授業が進んでいなかったりすると、中学3年生の学習が止まっているかもしれませんね。中学3年生の最初に学ぶ英語や数学は、今まで平均点以上取れてきたお子さまなら問題集や教科書を見ながら予習を進めることはできます。特に数学は展開や因数分解など、1人でも勉強を進めやすい単元が続くので、予習を進めましょう。
数学を自分で進めるのは無理そうでも、国語の新出漢字覚え、英単語や活用覚えなどは一人でもできるはずです。学校がいつ再開して、いつになるか分からないですが、定期テスト前に楽になります!!
この期間をどう過ごすかは大きな差になる
さらに休校延長が決まったこの時期をどう過ごすか? 最低限の学校の課題をしているだけで、あとはスマホやゲームをしている子と、受験を見据えた勉強を始める子。大きな差がつくのは確実です。5/7からはYou-学舎のオンライン授業、オンライン自習室も再開します。また、オンライン自習室で一人ずつ話をしていきたいと思います!
この記事は、なみまつが書きました。
地域オンライン

【3学期小6】中学に向けて、今やるべきこととは?

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

 

今回は3学期小6生に向けて、この時期に行う内容について紹介します。

もうすぐで中学生ですからね。しっかりと準備して新しい環境に備えましょう。

今のうちに完璧にしておきたいこと

中学での数の扱い方が違う!?

小学校と中学校では数に対する扱いが若干異なります。

小学校で習ったことが間違っているわけではありませんが、数を扱う上で少しでも楽になるように考える必要があります。

分数と小数はどっちも必要?

小学校では分数と小数の両方を使ったと思いますが、中学で使うのは基本的には分数です。

分数の方が、かけ算、わり算を行う際に計算がラクに行えるため、小数ではなく分数を使うのが普通です。

分数がきらい?では分数の方が楽だということをお見せしましょう。

分数の方が計算がラクに出来る例

明らかに下の方が計算はラクですよね。

ただし、この計算をぱっとできるようになるには、0.25=1/4を当たり前に使える必要がありますね。

小数であれば、小数点の位置に気をつける必要があったり、単純に計算する回数が多くなったりするためミスが非常にでやすいです。もし分数がきらいなのであれば、中学に挙がる前に克服しておきましょうね。

仮分数と帯分数とかややこしい

分数を基本気に使うとは言いましたが、帯分数を扱うことは全くと言っていいほどありません。帯分数は分数の概念を理解するためには必要な考え方ですが、計算には毛ほどの訳にも立たないからです。答えを書くときも仮分数で答えて問題ない場合がほとんどです。分母で分子を割ったときの商は整数の足し算として前におくことができるぐらいで覚えておきましょう。帯分数そのもので何かすることはないので忘れて構いません。

かけ算はやることがなくなってから

分数の計算のときには分母分子のかけ算の形を残しておくことは割と重要なことです。かけ算を計算してしまうと、約分できるかどうかが分かりにくくなってしまいます。最終的な答えを出す段階になるまで、かけ算のみの計算は後回しにしましょう。計算の順序を考えるだけで面倒な計算をしなくて済むこともあります。他にもかけ算は計算を後回しにした方が楽な場合もあるので、かけ算はやることがなくなってから。と覚えておきましょう

今からでも十分理解できる中学校数学

正負の数

正の数が0よりも大きい数のことで、負の数が0よりも小さい数のことです。

正負の数の四則計算は、中学以降の数学の基礎中の基礎です。

これができれば、中学で行う計算の半分は出来るようになったと言っても過言ではありません。

文字式

計算の基礎、其の2が文字式です。

小学校でも現在ではxを扱いますが、それを発展させて考えていきます。

文字であらわし、文字のルールを踏まえて計算できれば、計算の基礎は完璧です。

あとは計算パターンの練習だけで済みます。

身につけておきたい国語の能力

お堅い文章はどんどん増える

説明文の問題を解くための読み方、設問に答える時のポイントを学びましょう。

小学校では読み方に重点を置くことが多いので、解くための読み方を学んでいきます。

説明文における表現技法も考えられるようになると尚良いですね。

 

選択問題において選択肢を吟味し、キーワードを見つけることで問題に答えたり、表現技法からその文章がそこにある意味を読み取ったりとテクニカルな文章の読み方、答え方を身につけましょう。

 

塾では小学生の文章ではなく、中学生向けの文章を読んでもらいます。

少し背伸びをした問題を読むことで、これから必要とされる語彙に触れてもらいます。

国語の文章を読むには慣れも必要です。「本を読むと良い」と言われるのはそのためですね。

漢字は書ける、音が分かるだけではダメ

漢字に関しては、ただ覚えるだけでは小学校と同じです。漢字の持つ意味に気を配り覚えるようにしていきましょう。

日本語の持つ特性として、漢字から意味を推測することが出来るというものがあります。

初めてみた熟語でも、一つ一つの漢字を知っていると、なんとなく意味が分かってしまうのです。

夢現

さて、この言葉の意味は何でしょうか?

夢は寝ているときに見るユメですね、現は現実や今確かに存在していることを表す言葉です。ということは、それぞれが表しているものは逆ということになりますね。

そうすると、夢現とは夢か現実の両方を表すか、夢か現実かどちらか分からないということになりますね。

ちなみに読みはユメウツツです。

読みは後からでも入れていくことはできます。まずは読む力を上げるために、漢字の持つ意味に着目して読むようにしていきましょう。

つまり……を考えることが大切

これからは文章を書くことにも力を入れていく必要があります。

いきなり自分の考えを書くことは難しいので、文章を読んで、それを要約してもらいます。

要約にも必要な文章、書かなくてよい文章を見分けるポイントがあります。それを押さえながら要約をしていきます。

また、要約が出来るようになると、文章を読む際に、大意を取るうえでは読む必要のない文章が分かるようになります。

中学生の間は基本的には文章全体をしっかりと読む、つまり、精読をする方が良いです。しかし、精読をしている時間がないときには、文章の大意を取る速読も必要となってきます。そのときになって急に速読が出来るようになるわけではないので、しっかりと準備はしていきましょう。

 

まとめ

6年内容の復習なら
  • 分数に慣れよう
  • 漢字の持つ意味を覚えよう
予習をするなら
  • 中1の1学期で習う計算の基本を徹底しよう
  • 説明文を読めるようになろう

 

それでは、良いスタートができるように頑張っていきましょう。

 

この記事は瀧本が書きました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


【国語の課題】中学生も「主語」と「述語」が分かっていなかった!?

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

 

 

みなさん、知っていますか?

実は、中学生の二人に一人は、主語と述語を正しく扱えていないという事実を。

以前、小学生の二人に一人が間違える国語の超基本問題がある!?という記事を書かせて頂いたので、まだの方はぜひそちらもお読みください。

 

小学生が主語と述語を分かっていないというだけであれば、皆さんも、「小学生にはまだ難しいのかなぁ」と思うところもあったと思います。

しかし、中学生でも分かっていない。となると、いよいよマズイ気がしませんか。年を重ねたからといって賢くなるわけではないですが、やはり中学生が主語と述語を理解していないというのは衝撃でしょう。

今回はその原因について確認していきたいと思います。

 

「てにをは」の理解ができていない。

「てにをは」とは?

「てにをは」はさっくり言うと「助詞」の事です。助詞の違いによって日本語は意味が変わるため、非常に重要な役割を持ちます。

 

  • コーヒーが好きです。
  • コーヒーは好きです。

 

この2文があるとき、コーヒーが好きです。の方であれば、主体性がありますよね。コーヒーが特に好き。というニュアンスが感じ取れるかと思います。しかし、コーヒーは好きです。の方は、どこか受け身です。強いて言うならコーヒーは好きかな。という感じがありますよね。

 

このように変化を生む「てにをは」ですが、会話に置いて「てにをは」の言い間違いは、スルーされることが多いです。大人であれば、特に問題はないでしょう。「てにをは」の細かい違いは、言い間違いだと理解し、正しい助詞を補完していることがほとんどだからです。

しかし、子どもの場合は正しい助詞を補完しているとは限りません。「てにをは」を正しく意味を理解せずに使っていたにも関わらず、スルーしてしまうと、使い方を間違って覚えてしまうかもしれませんね。

 

これを考えたと同時に、「品詞の理解がない」ということも同時に思いいたったことではあるので、どちらも同じぐらい重要ではあると思います。助詞という単語すら認識していないことが多いので、どのみち、品詞をやることにはなるんですがね。

ちなみに「てにをは」は小学生の間に身につける能力です。指導要領によると、ですが。

それができていないのが現状ですから、「てにをは」の学習は作文などで、しっかりとやっていく必要があります。

 

「てにをは」が分かっていないこどもの特徴

まずは「てにをは」が分かっているのか、分かっていないのか、そこの確認からはじめましょう。

記述問題でキーワードは合うけど○にならない

試験答案を返された後に、だいたい合ってるのに三角すら貰えなかった。というような発言があった場合は、黄色信号です。

書いている内容がだいたい合っていて、三角がもらえない内容ということは、言葉同士の関係に問題があるということです。

  • 源氏は平氏を壇ノ浦の戦いで滅ぼし、鎌倉幕府を開いた
  • 平氏は、壇ノ浦の戦いで源氏に滅ぼされ、鎌倉幕府を開いた。

上の文章は源氏が主語です。源氏は平氏を滅ぼしています。そして、源氏は鎌倉幕府も開いています。

下の文章は平氏が主語です。平氏は源氏に滅ぼされてはいます。しかし、平氏は鎌倉幕府は開いていません。

このようにキーワードだけあっていても意味の異なる文章があるわけです。下のような文章を書いてしまう人は、「主語が同じ場合は、主語を省略することができる」ということを「主語が変わっている場合にも、主語を省略して良い」と勘違いしている。つまり、下の文章を「平氏は、壇ノ浦の戦いで源氏に滅ぼされ、源氏は鎌倉幕府を開いた」という文章に、勝手に補完してしまっている。と考えられます。

実は会話の中では、主語抜けというものは当たり前のように起こっています。それを、書き言葉でも使ってしまっているということですね。

 

また、文章が長くなると、主語の意識はうすくなりがちです。主語の意識が薄れると、自分が考えている内容によって主語が補完され、文章の主述が合わなくなっている可能性もあります。

実際、私も長い文章を書いていると、主語が分からなくなるときがあります。なるべく文章は短く書くようにして、主語と述語の関係が正しい状態になるように心がけましょう。

算数の文章題が苦手

算数の文章題は、基本的に「てにをは」に対し、異常に気を使った文章で書かれます。一意的な取り方しかできない文章でないと、問題が成立しないからです。

算数の文章題が苦手な子の中には、算数の文章を一意的に捉えられていない子がいるのです。

「てにをは」ができていないと、修飾関係などが崩れ、一意的でない文章となってしまいます。そうすると理解できない文章の出来上がりです。一意的でない問題を解くことはできませんので、「てにをは」ができない子が、文章題を解くことができないのは当然なわけです。

 

これは、程度によっては、計算にも当てはまります。

例えば、割り算の場合、「A÷B」を日本語にすると「AをBで割る」という文章になります。「てにをは」があやふやな場合、「AとBを割る」という文章に変換してしまう場合があります。「割る数」を「前にある数」、「割られる数」を「後ろにある数」と、解釈してしまうと、日本語との関係を理解せずに計算をしてしまうのです。

一度こうなってしまうと、計算の理解ができていないのか、文章を理解できていないのか、はたまた別の理由があるのか。これらの区別がつきにくくなってしまいます。この状態で長年続いてしまうと算数嫌い、数学嫌いに繋がってしまいます。原因が分からないまま、算数、数学はできないものとして子供に刻まれてしまうでしょう。

まずは「てにをは」の確認を

昨今、世間で言われている、読解力の低下ですが、理由は様々です。読書をするのも非常に良いと思っていますが、まずはその前に「てにをは」が正しく理解できているか、確認してみましょう。もし、どのように確認すれば良いか分からないという場合は、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

この記事はたきもとが書きました。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


【国語】我が子の語彙を伸ばすにはどうすれば良いのか?

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

 

語彙力を伸ばすには「読書をさせれば良い」と漠然と思っていませんか?

 

 

読書”だけ”では語彙を伸ばしきることはできません。

これは考えてみれば当然のことです。

 

さぁ、皆さん、今から小学生になったつもりで考えてみてください。

今、物語は山場を迎えています。しかし、意味の分からない言葉が出てきました。が、物語の続きが気になって仕方がありません。さて、本読みを中断してまで辞書を調べますか?

答えはNOですよね。なんとなくでもそのまま読み続けるでしょう。

後で調べるという方もいるかもしれませんが、小学生の何人がそれを実行できるでしょうか。

読書をしていて、辞書を調べる人は稀なんです。

 

それでも、語彙には触れているのだから、意味あるでしょ?と言われれば、確かにその通りです。

しかし、読書で語彙に触れたからといって、その語彙を使えるようになるかと言えば違いますよね。

読書で学ぶことができるのは、 語彙の「用法」「用例」であって「意味」を覚えることはできないのです

 

語彙は、正しい意味を学び、正しい使い方をする。それが重要なのです。

読書では、正しい意味を学ぶことはできません。これが読書だけでは語彙を伸ばしきることができない理由です。

では、どうすれば良いのか、一緒に考えていきましょう。

 

そもそも語彙とは?

語彙とは単語のあつまり、言葉のグループと言えば分かりやすいですかね。

1単語に対して語彙ということは、基本的にはありません。

 

そして、語彙を増やすとは、言葉の理解です。

言葉の読み方を知り、意味を覚え、使い方を身につける。

その全てがそろって初めて、語彙力が上がるのです。

 

語彙力を身につけないとどうなるか、と言えば、教科書が正しく読めなくなります。(※ここでの意味は音読ではなく、理解においてという意味で使っています。この注釈がないと、いや、教科書読めるし、という子供が大量に出てきてしまうのが現状です)

音が分かっても、意味が分からない言葉は、飛ばして読んでしまうことがほとんどです。そのため、文章の修飾関係がおかしくなり、まともに教科書を読めないということに繋がります。語彙は読解力の基礎だ。ということです。教科書を読めるレベル、最低限の語彙を身につけられるように心がけていきましょう。

小学生編

低学年

子供から「これってどういう意味?」と聞かれたら「調べなさい」ではなく、即答することが大切です。

小学生は、幼少期ほどではありませんが、まだまだ耳でも言葉を覚えていきます。

読書はもちろんしていく方が良いのですが、会話も積極的に行っていくことで語彙力が培われます。

基礎語彙がまだまだ少ないため、教えれば教えるほど吸収します。

小学生用の漢字が少なく、字が大きい辞書を用意するというのも方法の一つです。これだと、忙しい時でも子供だけで読み進めていくこともできます。

 

男性講師

普段の会話 や読書で分からない言葉があったときには、すぐに教えてあげることが子供の語彙を伸ばすことにつながります。

一人で読める本はまだまだ少ないので、一緒にいるときに本を読む時間を作っても良いでしょう。

知育本(科学とか歴史の本)や、挿絵が豊富な本がお勧めです。

また、子どもは親の真似をしますので、大人がスマホばかり触っていると、子どももスマホを触りたがります。

逆に本や新聞を読むと、子どもの興味は本や新聞に向かいます。子供に本を読ませたいのであれば、まずは親から本を読み始める。これが大切です。

高学年

高学年でもまだまだ耳からでも覚えていきます。

しかし、辞書の使い方をしっかりと覚えるタイミングでもあるので、ある程度使わせるようにした方が良いでしょう。

それでも、語彙を増やすことを目的にするのであれば、普段から言葉を正しい用法で使っていくことを心がけましょう。

また、徐々に長い文章も読めるようになっていきます。

 

男性講師

既に内容を知っている話でも構わないので、分厚い本にも挑戦しましょう。

ハリーポッターのように、映画化されている作品などはお勧めです。

漢字自体が持つ意味も覚えられると、尚、良いですが、そこまで自分でできる子は少ないでしょう。

 

中学生編

語彙を増やすうえで一番難しいのが中学生です。学校でも意味が分かっている前提で授業が進むことが多いです。

しかし、意識して語彙を身につけていない限り、小学生と比べて劇的に語彙が増えているということはありえません。

年を重ねるだけで語彙が増えるわけではありません。 日々の会話や、読書の積み重ねで語彙は増えていくのです。小学生の時と同じように、大人との会話や読書は必要です。

 

男性講師

中学生は、背伸びをしたいお年頃。文豪の本に手を出す人もいます。また、最近では文豪たちが戦うようなアニメも流行っているので、意外と文豪の本に対するハードルは下がっているといってよいでしょう。ただ、お子さんが読んでいる本はしっかりと確認しておいた方が良いです。文豪の本は、ときに劇薬にもなるものもあります。

文豪の本へのハードルは下がっているとは言いましたが、それでも私は、面白い本をお勧めしますね。綺麗な文章も大事ですが、まずは本は面白いって思うところから始めないといけません。

短編(ショートショート)が有名な作家さんとして、星新一さんを紹介しておきます。代表作「ぼっこちゃん」のようなSF作品が多いです。

東川篤哉さんもオススメです。有名な「謎解きはディナーのあとで」は短編集ですし、他にも読みやすい本をたくさん出しています。

 

高校生編

高校生になると、増やしたい語彙の種類が今までとは異なります。

基本的には入試に使われる評論文などに使われる言葉を覚えていきます。

恣意、刹那、ポストモダン等、意識的に調べなければまず身につかない言葉です。

そういう言葉の意味を知っていないと読めないような文章を読んでいく必要があるのです。

また、大学入試改革を踏まえると、契約書のような、評論や物語とはまた違った文章を読む必要もあるので、しっかりと準備して臨みましょう。

 

おすすめとしては、評論であればちくま書房の「ちくま評論入門」をおすすめします。

現代文の勉強の仕方は別記事でも書いたのでこちら

 

最後に

男性講師

語彙力が低下してしまっている一番の原因は、大人と子供のコミュニケーションの場が失われつつあるからだ、と私は思っています。ツイッタ-などのSNSでは短文でのやりとりが主流であり、正しい日本語が使われているかと言えば、そうではありません。

ネットで使われる拙い文章を見る機会が増えたことで、その文章を普通だと思い学習してしまっているのではないでしょうか。拙い文章、意味の曖昧な言葉、ヤバい、エモい、これで一体何が伝わるんですかね。

統計的なデータを取ったわけではないので、これは私のただの、無根拠な推測でしかありません。

今すぐSNSやめろとも言いません。ただ、ちゃんとした文章、会話に触れる機会は必ず作ってもらいたいんです。

 

 

この記事はたきもとが書きました

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


空港で実感!なくなっていく「人の仕事」

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

空港で、なくなっていた仕事

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。今回のゴールデンウィークはYou-学舎も珍しくしっかりお休みだったので、久しぶりに海外旅行(フィンランド)に出かけたのですが、旅行を通じて生徒たちの将来の仕事について考えさせられました。

10年後には色々な仕事がなくなっていると、よく言われています。 10年後といえば、今の中学生たちが大学を卒業して、社会人になる頃です

今回は、勉強に直結するテーマではありませんが、お子さまの将来に関係する「なくなる仕事」について書いてみます。

 

従来どおりの入出国審査

成田空港から出国するときは、今までどおり有人の出国審査でパスポートにスタンプを押してもらいましたし、ヘルシンキの空港でもよくある入国審査で、”what is the purpose of your visit?"や"How long are you going to stay?"など、珍しく教科書通りの質問をされました。生徒のみなさん、しっかり答えられるようにしておきましょう!

ヘルシンキ空港で出国

セルフチェックイン

さて、帰りの空港でのことです。フィンランドエアーで帰ってきたのですが、空港ではセルフチェックインでした。チェックインの機械がずらりと並んでいるので、待ち時間もなく快適です。

「危険な物を持っていませんか?」などの質問に答えて、パスポートをスキャンすると搭乗券が発行されました。ここまでは予想通りでした。ところが、まだ質問が続きます。

「預ける荷物はありますか?」「荷物はいくつ預けますか?」などの質問に答えると、 手荷物のタグ(目的地やバーコードなどが印刷されていて、スーツケースの持ち手に通すシール)が印刷されて出てきました。 ここまで自動化なのは初めてで驚きました!

荷物の預け入れも自動化

荷物のタグを自分でスーツケースの持ち手に取り付けて、 自動手荷物預け入れ機 まで持っていきます。

タグを着けたスーツケースを台(ベルトコンベアー)の上に置くと、荷物の重さが表示され、搭乗券をスキャンするように言われます。

搭乗券と手荷物のタグをスキャンすると「タグはきちんと荷物に取り付けていますか?」のきかれます。「はい」と答えると、いきなりベルトが動いて、荷物が奥に運ばれて行きました。

びっくりです!「問題ありませんか?」的な最終確認があるかと思っていました…。でも、待ち時間ゼロで快適です。

人の仕事がなくなった!

以前はエコノミークラスに乗る人たちは、チェックインカウンターでパスポートを見せて搭乗券や荷物のタグを発行してもらいました。10分以上並んで待つこともよくありました。

カウンターにはエアラインのスタッフがたくさんいて、荷物のタグをスーツケースに取り付けてくれ、「〇時までに搭乗口に行ってください。」などと案内してくれました。また、預かった荷物を扱う男性スタッフもいました。

空港でのチェックインも人の仕事がなくなっていました。 しかも、スイスイ進むのでノンストレスでした。

出国審査も自動化
日本のパスポート保持者は自動化ゲートで出国

さて、保安検査場は以前と変わらず、係の人がたくさんいて、荷物のチェックなどを受けました次は出国審査です。

日本、韓国、アメリカ、カナダなど6カ国のパスポート保持者は自動化ゲートを利用できました。

パスポートの顔写真のページを読み取り機にかざします。 個人情報と生体認証データの読み取り が完了すると1番目のゲートが開きます。ゲートの中に入ると カメラで顔認証を行って、パスポートの写真と照合 したら2番目のゲートが開きます。

 

様子を見ていると、人によってかかる時間が違うようです。太ったりやせたり、髭が生えていたりと変化があるからでしょうか?

私のパスポートの写真は8年前のものです。「8年前、、大丈夫だろうか?」などと心配しましたが、同一人物だと認識してくれたようで、ゲートが開きました。一安心。

出国審査官は一人だけ

進んでいくと出国審査官が1人いて、パスポートに出国スタンプを押していきます。ゲートが4つくらいだったので、以前は4人の出国審査官が必要だったのが、1人だけになっていました。

 

そして、福岡空港で乗り継ぎをしたので、福岡空港で入国審査です。ここでも 顔認証ゲートがあり4台の機械がありました。 外国人の入国審査に時間がかかるため、日本人の出入国はどんどん自動化が進んでいるそうですね。

ここもスピーディーにストレスフリーでした。

人の力が必要な仕事は?

さて、税関は?というと従来通りでした。ここは 「人間の目」が必要なのでしょう。 保安検査や税関は怪しい動きをしている人がいないか?ソワソワした雰囲気の人はいないか?など機械では代わりができないのでしょうね。

1年半ぶりの海外旅行でしたが、 どんどん人が関わる仕事が減っています。 生徒たちが大人になるころには、この動きはもっと進んでいるのでしょう。思考力やコミュニケーション能力を伸ばすように指導していかなければと実感しました。

講師

中学・高校の定期テストでも記述問題や思考力を問う問題が増えています。まずは、それに対応できるように、丸暗記ではなく「なぜなのか?」考えてもらいます。

 

You-学舎への お問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

この記事は、なみまつが書きました。


【中学英語】初実施の「話すこと」のテストって?(全国学力・学習状況調査)

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

平成31年度全国学力・学習状況調査

4月18日に平成31年度 全国学力・学習状況調査が実施されました。

小学6年生は国語・算数、中学3年生は国語・数学・英語のテストを受けます。

中3で初の英語「話すこと」テスト実施

中学校3年生の生徒が、 英語の「話すこと」テスト を受けてきたというので、様子を聞いてみました。

今までは、全国学力・学習状況調査を受けても、生徒から「今日、テスト受けたよ!」なんて言ってくることはなかったので、「話すこと」テストが珍しかったのでしょう。

中学英語「話すこと」テスト
(平成31年度全国学力・学習状況調査【中学校】英語「話すこと」調査問題)

 

去年の12月に文部科学省のホームページで、平成31年度の全国学力・学習状況調査リーフレットが公開されたときから、「話すことのテスト」ってどんな内容なのか興味があったので、実際に受けてきた生徒たちに感想を聞いてみました。

 

実際のテスト問題も、文部科学省のホームページに発表されています。

生徒が受けた「話すこと」のテストも、YouTubeで見ることができるようになっています。

情報公開、早いですね。


(平成31年度全国学力・学習状況調査【中学校】英語「話すこと」調査問題)

 

文部科学省は英語4技能の教育を本気で進めるつもりなんですね。

保護者の方も、短い動画なので是非見てみてください。

英語「話すこと」のテストとは?

クラスごとに、パソコン室で受験

生徒たちの話を聞いていると、パソコンがある部屋で、クラスごとにテストを受けた学校が多いようです。

パソコン1台ごとにヘッドセットがつないであって、生徒は自分でログインして試験を始めたそうです。

英語「話すこと」テストの概要
  • 大問1:イラストを見て質問に答える問題
  • 大問2:複数の人の会話を聞いてそのあと自然な流れで会話に入る問題
  • 大問3:日本語でテーマを与えられて1分間内容を考えて、30秒で答える問題

という内容だったようですね。最初の説明も含めて、全部で15分くらいの試験だったそうです。

英語「話すこと」テストの問題は難しかった?
誰の誕生日?

生徒の感想を聞いてみると、最初の問題で、イラストの女の子の誕生日を答える問題だったのに、周りのほとんどの人が自分の誕生日を答えていたそうです。

「November」「March」「October」など、いろいろな月が聞こえてきたとか。

 

確かに「When is her birthday?」か「When is your birthday?」かは、聞き取るのが難しかったのかもしれません。

言葉につまって、時間があまる?
大問3のテーマ
  1. あなたの将来の夢、将来やってみたいこと
  2. その実現のために頑張っていること、やるべきこと

テーマは日本語で示され、1分間で内容を考える時間を与えられて、30秒で答える問題です。

 

この問題は結構難しかったのでは?と思います。

30秒って結構長いですからね。

日本語でも即興で30秒話すのは結構大変です。

 

生徒たちによると、とりあえず答えやすいから「先生になりたい」と答えた生徒が多くて、「そのためには一生懸命勉強する」って答えたと言ってました。

 

でも、これを「I want to be an English teacher. So, I study English hard.」で終わってしまって、あとは言葉が出てこなくて黙ってしまった中3生が多かったんじゃないかな、と推測しています。

採点基準は?

以前、英検協会の方とお話をしたときに、英検の二次試験(面接)では、 文法的に正しくなくても自分の考えを積極的に伝えようとする姿勢や、内容がしっかりしていることを重視している とおっしゃっていました。

今回の採点基準もそんな感じかな?と想像しています。

 

7月には結果が発表されるようなので、注目してみたいです。

 

テストの雰囲気は?

他の生徒の答えが聞こえてくる
男子生徒

周りから、英語で答えている声が聞こえて来て、笑えた!

女子生徒

クラスみんなが一斉にバラバラ答えるから面白かったです。

でも、答えがあってるかどうか分かりません。

という感じでした。

生徒同士の距離が近くて、ザワザワした雰囲気でのテストだったようですね。

フライングする生徒も

生徒それぞれがパソコンでログイン、スタートするシステムだったようです。

先生の指示で、よーいドンでみんなで一斉にスタートするはずが、フライングする生徒もいたり、隣の子と微妙にタイミングが違って答えているのが聞こえてきたりしたとかで、結構バタバタしていたようです。

クラス25人ほどが、一斉に同じタイミングでスタートするのは至難の業でしょう。

 

初めての取り組みだったから、中学校の先生は準備が大変だったでしょうね。

成績に入るテストではないので、生徒たちはワイワイ楽しく受けたようです。

「話す」授業が本格的に始まるのか?

普段の英語の授業の様子を聞いていると、英語4技能「読む」「書く」「話す」「聞く」のうち、 「話す」授業なんてほとんどしていないようですが、今回は「話す」テストを受けた んですね。

 

公表はされなくても学校別のデータも出るでしょう。

学校の英語の先生は、本気で4技能を意識した授業をしなければいけなくなってくるのでしょうか。

そうなると、担当の先生によって、大きな差が出ることになりそうです。

 

塾としてはしばらく様子見かな、と思っています。

個別授業では定期テスト、受験に向けての内容が中心になりますが、イベント授業の一部に取り入れてみても楽しいかもしれませんね。

英検はどんどん受けてもらっているので、 二次試験の対策で「スピーキング」 の練習をしていきましょうね。

講師

次の英検は6月です。

You-学舎では、英検対策コースも開講しています。

 

You-学舎への お問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

この記事は、なみまつが書きました。

 


【中1の保護者様へ】最初が肝心?初めての定期テスト対策 Part2

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

初めてのテスト対策

中学校に入って最初の定期テストまで、四条中では1カ月後になりました。

初めての定期テスト、きちんと乗り切れるかな?とご心配だと思います。

小学校と中学校のテストの違いについて、いろいろと記事を書いてきました。

 

結局、 中学のテストは点数が取りにくいですよ 、ということなのですが、科目別にまとめましたのでまだ読んでいない方は、まずこちらの記事をご覧ください。

中学は自立の第1歩

中1定期テストガイダンス

中学1年生、そろそろ学校でも授業が始まったようです。

中学1年生をまとめて中1定期テストガイダンスをやろうかと思っていましたが、今年の各中学校の様子を見ていると、難しそうなので今日は四条中の生徒対象に、中1定期テストガイダンスをしました。

 

5月16日・17日にありますから、10連休の前に塾でのテスト対策習慣がスタート するので、大急ぎで四条中学だけ、ガイダンスを先に済ませました。

真剣な眼差しで話を聞いていましたし、しっかり質問もできていました。

自習室は、どんどん活用してくださいね。

 

他の中学の方も、中1定期テストガイダンスは学校の定期テストの情報が手に入り次第、日程をお知らせします。

自分のことは自分で

中1ガイダンスでは、毎日の宿題が出なくなったのは、

男性

もう、自分で管理できますよね?

そこまで手取り足取り面倒は見ませんよ。

という中学の先生からのメッセージだよ、というように伝えています。

小学生とは違って自分の勉強は自分で管理するのが前提です。

という訳で、学校のワークやノート提出の取り組み方についても説明しています。

 

まずは最初の定期テスト対策からですね。

自立の1歩につなげていければと思います。

保護者様へお願い
勉強時間の確保を

部活体験が始まりました。

中1の生徒たちから、授業時間変更の希望がどんどん出てきています。

小学生の頃なら、家に帰って宿題を済ませて、習い事をして帰って来るくらいの時間に、部活を終えて学校から帰って来ることになります。

 

学校から宿題も出ていませんから、新しい環境のストレスや疲れから解放されて、ちょっとゲーム、ちょっとスマホ、なんてダラダラして寝ていては、どんな結果になるか目に見えています。

塾がある日は塾で勉強をしますが、 塾がない日も一定の学習時間が確保できるように、 しておきたいものです。

ずっと教えられますか?

中学1年生の最初のテストから高校入試の内申に入ると聞いて、熱心なお母さんやお父さんが、子どもより張り切ってテスト対策に関わることがあります。

なかなか勉強を始めない子どもを見ているとイライラしますし、まだ子どもが言うことを聞くので、ついつい手を出してしまいがちです。

でも、 あまりいい結果になるのを見たことがありません。

 

思春期に入ると、親の言うことは聞かなくなりますし、 親がずっと中学生の数学や理科を教え続けるのは普通は難しいです。

いつか手を離さなければいけないなら、新しく定期テストに取り組む今がチャンスです。

 

塾を上手に使おう

自習に来させてください

ここからは塾生の保護者様向けになります。

テスト1週間前から部活停止になります。

※西ノ京中は、5月末のテストは部活停止にならないそうですが、その他の中学は今のところ部活停止になるようです。

 

部活停止の間は、毎日塾に来させてください。

家にいるとスマホを触ったり、なぜか机の周りを整理したり(私、これよくやりました😥)何となく時間を過ごしてしまいますが、塾は勉強するしかない空間ですからね。

テスト計画は早めに

You-学舎では、テスト2週間前から定期テスト対策習慣です。

部活停止になる前から、計画的に学習を進めていきたいです。

 

この期間中は普段、受講していない科目を増加受講できます。

授業増加は受講料がかかりますので、保護者の方がお子さまの勉強の様子を聞いて、一緒に計画を立ててあげてください。

 

授業増加するときのポイントは、「1科目3回」です。

普段、英語と数学で通塾していて、テスト前に「理科」「国語」「社会」を1回ずつ増加を希望される方がいますが、これでは効果が薄れてしまします。

今回は試験範囲が狭いとはいえ、1カ月ほど学んだ内容がテストに出ます。

 

1カ月の内容を1回(90分)の授業で仕上げるのは、難しいです。

同じ増加受講料をかけるなら、心配な科目を3回がおススメです。

連休明けに、学校の提出物のチェック

今年のゴールデンウィークは10連休。

ここを有効活用したいですね。

もちろん、部活や遊びも大切ですが、メリハリをつけてテストの準備も進めておきたいです。

 

そこで、 ゴールデンウィーク後に、学校の提出物チェックをしようと思います。

テスト1週間前に配られたテスト範囲表を見て、急に仕上げるのは大変ですし、仕上がったとしてもそれ以外の「本当のテスト対策」ができなくなります。

ゴールデンウィーク後、最初の授業で学校のワーク類を持って来てもらうことにします。

塾生の保護者様には、LINEでお知らせしますね。

講師

今年の最初の定期テストは少し例年とは違い、朱雀中では1日に5教科全部のテストがあるそうです。

テストキャンプの日程などは、決まり次第お知らせします。

 

You-学舎への お問い合わせは、こちらからどうぞ。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

この記事は、なみまつが書きました。


【中1の保護者様へ】最初が肝心?初めての定期テスト対策

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

初めてのテスト対策

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

小学校と中学校のテストの違いについて、いろいろと記事を書いてきました。

 

結局、 中学のテストは点数が取りにくいですよ 、ということなのですが、科目別にまとめましたのでまだ読んでいない方は、まずこちらの記事をご覧ください。

ちなみに、西ノ京中や朱雀中では、「定期テスト」ですが、四条中では「総括テスト」西院中では「評価テスト」と呼ばれていますね。

中学生活スタート

行事やジョイントプログラム

中学1年生、火曜日の入学式のあと、学年集会や身体測定、ジョイントプロムなど、バタバタと1週間が過ぎていきましたね。

保護者様にとっても、あっという間の1週間だったのではないでしょうか?

 

四条中の新中1女子2人、ジョイプロの前に自習に来て予習シートに取り組んでいました。

お姉さんもよく自習に来てましたから、 テスト前は塾に行くものだ という感じなのでしょうか、素晴らしいです👏

自習室は、どんどん活用してくださいね。

最初の授業は、自己紹介程度

金曜日から授業が始まっている学校もあるようですが、1年生はまだ先生の紹介や、授業の進め方ガイダンスのような内容ですから、最初の1週間は勉強らしい勉強はしません。

まずは学校に少しずつ慣れていくことからですね。

いよいよ本格的な中学生活へ
授業スタート

15日の週からいよいよ中学の授業が始まります。

数学のノートの取り方など、中学生としての学習を身に付けられるかどうか、最初が大切です。

いい先生が担当してくれるといいなあと思います。

学校の先生は選べませんからね。

 

「〇〇先生の転任が決まった!」とすごい笑顔で教室に入って来た生徒に、「おー、良かったなあ」と答える講師を見ていると、複雑な気持ちになりました。

部活スタート

さらに、部活動見学や活動参加が始まります。

クタクタになって帰ってきて、家ではリラックスしてスマホ触ったり寝てしまったりという日々が続きそうなら 要注意 です。

宿題は出ません

小学校のように、担任の先生が毎日宿題をチェックしてくれません。

小学校より難しい学習をしているのに、日ごろの学習時間は減っているという現象が起こってしまいます。

 

ここで学習習慣を身に付けられるかどうかが、最初の分かれ道です。

 

今年のゴールデンウィークは10連休

4月に2週間授業をしたら、すぐにゴールデンウィークに突入します。

このゴールデンウィークの過ごし方も大切ですね。

 

連休初日の27日に春季大会の開会式があります。

運動系の部活に入ったら、1年生も応援に行くことになりそうです。

試合会場まで移動して、荷物を持って、疲れて帰って来そうな気配です。

お母さんたちにとっては連休中なのに、お子さまを起こして、お弁当作ってなんていう仕事もあるかもしれません😥

 

今年はYou-学舎も4月28日から5月6日までお休みです。

連休中の課題は、たっぷり用意しておきますね。

 

中学最初の定期テスト

新年度が始まって、学校の年間行事予定を回収しています。

西院中だけまだ手に入っていません。

配布されたらすぐに持って来てくださいね。

四条中のテスト

5月16日から、2日間テストがあります。

ということは、連休が終わったらほぼ1週間後にテストというわけです。

 

4月の2週間と、連休あけの7日間しか授業はないですし、家庭訪問週間もあるので、テスト範囲は短くなりそうです。

その分、 つっこんだ内容や、記述問題が増えるかも?

しっかり対策しておきましょう。

朱雀中のテスト

第1回定期テストは5月21日です。

あれ、1日だけ?

10連休で授業があまり進まないからでしょうか?

 

英数国3教科だけとか、何かありそうですね。

生徒に情報収集してもらわなければ!

西ノ京中のテスト

5月31日に 第1回教科テスト?

あれ、西ノ京中も1日だけのようです。

生徒に聞いてみてもよく分かりません。

 

5月中に3年生は修学旅行、2年生はチャレンジ体験があるからでしょうかね?

しっかり者の生徒に聞いても「なんか今年は教科テストなんやって。」くらいの答えしか返って来ないので、こちらも早めに情報収集してもらうことにします。

中1生のための定期テストガイダンス

毎年、各中学の生徒を集めて定期テストガイダンスをやっていましたが、今年は学校別にした方がいいかもしれませんね。

もう少し情報収集して、塾生にはあらためて日程をお知らせします。

学校の副教材の種類によっても、試験前の取り組み方がちがいますし学校別にすると、そのあたりも詳しくレクチャーできそうです。

 

学校ワークや提出物の取り組み方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

ガイダンスでは、テスト範囲表の見方やポイント、学校のワークの進め方、 中1の最初から通塾しているからこそ、知っておいてほしい京都の高校入試制度 についてお話します。

実技科目のテストの大切さ、中3で気付いていては遅いですからね。

講師

今年の最初の定期テストは少し例年とは違いそうです。

連休明けに学校のワークチェックも必要かなと思います。また決まり次第お知らせしますね。

 

You-学舎への お問い合わせは、こちらからどうぞ。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

この記事は、なみまつが書きました。


【保護者様へ】勉強にご褒美は必要?モノより自信を与えてください

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

モチベーションの源をすり替えること

虫取り少年に虫取りを辞めさせる親の秘策

虫が大好きな少年Aくん。

今日も虫取り網を片手に外へ飛び出していきました。

 

親としては、ちょっと困りました。

服を思いっきり汚して帰ってくるし、捕まえた虫をこっそりと家で飼っているらしく、子供部屋から急にバッタが飛び出してくることもしばしば…

アクティブなのはいいことだけど、できればもう虫取りはやめさせたい。

 

ここで親は少年Aと、ある約束をします。

その内容はなんと、

母親

虫を捕まえてきたら、ご褒美に1匹につき50円あげるわ。

というもの。

もちろん少年Aは、朝も夜も夢中で虫取りに励みました。好きなことで稼げちゃうんですから、大喜びです。

 

少年Aのフトコロがうるおい、さらに「あれも欲しい、これも欲しい」と物欲が出てきた頃に、親は次の一手を打ちます。

母親

“ご褒美制度”は、もうおしまいです。

と宣言したのです。

 

少年Aは急速に、虫取りへの興味を失くしていきました。

だって、虫を捕まえても誰も評価してくれず、もちろん、“ご褒美”もなくなっちゃったのですから。

親の作戦通り、虫取りをやめさせることが成功したのでした。

 

「興味」から「ご褒美」へ

もちろん、この虫取り少年のお話はフィクションですが、経済学の一分野である行動経済学の、けっこう有名なお話です。

このお話で重要なことは、少年Aのモチベーションの源を「虫への興味」から「お金」にすり替えてしまったことです。

 

少年Aが純粋に虫が好きだったころは、虫を見ても、お金を連想することなんてなかったでしょうね。

しかし親の策略によって、虫がお金に見えるようになってしまった今、ご褒美なしに少年Aは虫取りを続けるでしょうか?

本当は、勉強の目的は「賢い大人になること」

さて、虫取り少年の話を勉強に置き換えてみましょう。

 

「テストでxx点取れたらゲーム買ってあげる」といった約束をしている親子をたまに見かけます。

それが勉強する気の起爆剤になってくれればそれはそれでいいのですが、どうもそれが「ゲーム買ってくれないなら勉強しない」に繋がってしまわないか心配になることがあります。

 

テストの結果に応じてご褒美をあげることは、実は結構な諸刃の剣 なのです。

 

「何のために勉強するのか?」と聞かれたら、最も単純明快な答えは「賢くなるため」でしょう。

「賢くなって、より社会の役に立つ人材となるため」と言ってもいいです。

あくまでも、ご褒美のためではないはずです。

講師

もっとも、ご褒美のおかげで机に向かうようになり、それがきっかけで学ぶことの楽しさをわかっていった生徒もいますから、ご褒美そのものを全否定しようというつもりはありません。

勉強を評価するなら、モノより自信を与えましょう

自己肯定感を育てれば、自分で自分を適切にほめることができるようになり、自分で勉強のモチベーションを創ることができます。

 

保護者様からしたら、こと勉強に関しては「うちの子には褒めるところが一つも見当たらない、何を褒めていいかわからない」となりがちでしょう。

そんなときは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

 

ご褒美のモノは多くの場合、渡したらすぐに効力を失います。

それどころか、勉強へのモチベーションそのものをなくしてしまう恐れがあります。

しかし、自信を与えてあげれば、次のテストや、将来に向けた勉強のモチベーションにつながります

 

ぜひ、 モノよりも自信を与えてあげてください。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます