You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【2021年度】大阪府公立高校入試の倍率タイプ・問題選択注目ポイント

 高校受験情報(大阪府)

この記事は2021年度大阪府公立高校入試の倍率タイプです。

入試の倍率タイプを見やすくするために、北摂地域の高校を中心にまとめてみましたので、参考にしてください。

北摂地域ではアドミッションポリシーの変更はありました。倍率タイプに変更点はありません。三島高校が問題選択にて変更を行いました。

大阪府立高校入試入学者選抜方法

【令和3年度】倍率タイプ・問題選択別まとめ

倍率タイプI(入試点:内申点 = 7:3)

英数国:C問題

  • 北野高校
  • 茨木高校
  • 豊中高校
  • 春日丘高校
  • 千里高校

英国:C問題・数:B問題

  • 池田高校

英:B問題・数国:C問題
  • 三島高校

英数国:B問題

  • 箕面高校
  • 槻の木高校
  • 山田高校
  • 桜塚高校
  • 刀根山高校
  • 千里青雲高校

倍率タイプII(入試点:内申点 = 6:4)

英数国:B問題

  • 北千里高校
  • 高槻北高校
  • 吹田東高校
  • 豊島高校
  • 摂津高校
  • 茨木西高校
  • 北摂つばさ高校
  • 吹田高校

注意するべき高校

倍率タイプ・選択問題で注意するべき高校は、 三島高校・箕面高校・北千里高校・池田高校・吹田高校・北摂つばさ高校 です。

三島高校について

三島高校が、英語はB問題、数学と国語はC問題を選択しています。

正直なところ、C問題は三島高校受験者のレベルには難しすぎます。

特に、数学は難易度が高いです。

英語に関しては昨年とは異なり、B問題に変更となったので、点数は取りやすくなったと言えそうです。

数国は、取れる問題をしっかり取ってもらうことになるでしょう。

理社でしっかりと点数を取ることを考えた方が良いでしょう。

少なくとも、数学で点数を伸ばすよりかは楽でしょう。

つまり、 C問題では差がつきにくいので、取れる問題をしっかり選んで得点すれば、理社で挽回は可能である ということです。

箕面高校

箕面高校は、グローバル科も含めB問題を選択しています。

偏差値的に見ると、グローバル科は三島高校より高く千里高校に近いです。

B問題を選択している高校の中では、高い偏差値帯に位置しているので、解ける問題が多くなり点差がつきにくそうです。

正解できる問題をしっかりと取らないとけないので、普段からミスを減らすことを意識して、問題を解くようにしましょう。

普通科も、グローバル科と比較すると偏差値は少し下がりますが、B問題の中では高いです。

ある程度は難しい問題でも、しっかりと点数が取れるようにしておきたいところです。

北千里高校について

北千里高校は、入試倍率タイプII(入試点6:内申点4)を選択しています。

大阪北部の阪急沿線の高校では、だいたい倍率タイプI(入試点7:内申点3)を選ぶ高校が多いですし、偏差値55を超える高校は、だいたいタイプIを選択しています。

偏差値60程度の北千里高校のような高校が、倍率タイプIIを選択しているのは、大変珍しい といえます。

北千里高校の選択問題はBなので、点数はC問題よりも取りやすいです。

それに加えて、内申点の割合が高くなると、試験問題で内申点をカバーするには、点の取りにくい数学で点を取ったり、理科や社会で満点を取ったりといった、多少の無茶をしなければいけません。

過去問で点数をしっかり取れても、 内申点が大きく足りない人は、内申点の割合が低いタイプIの他の高校を受ける方が良い でしょう。

内申点がしっかり取れている人にとっては、それなりに有利になっているともいえます。

池田高校について

池田高校は、英国はCだけど、数学はBという変則的な選択にしています。

これは前年度も同じだったので、コロナの影響ということではなく、池田高校の受験者にとって、数学Cが難しすぎるという判断だと思います。

数学が苦手な人は「ラッキー」と思っているかもしれませんが、実際は逆です。

数学Cでは、計算問題・文章問題・応用という作りです。

数学Cだと、取れる問題を取っておけば、まず問題ありません。

数学Cの応用を解くには、基礎からしっかりと理解し、考えて解く力が必要ですので、数学が超得意な人以外は解けません。

そして数学Cは、かなり極端な構成になっているので、ちょっと数学得意な人と、数学が苦手な人に差ができません。

苦手な人でも、基本問題で点を取れば大丈夫なのです。

それに対して、数学Bでは基本問題・それなりにむずかしい問題・応用問題が出されます。

応用問題は正直解けなくても良いと思いますが、それなりの問題は、解けるかどうかで差がついてしまいます。

苦手な人でも、解ける問題を増やしておかないといけません

苦手といっても、程度は人それぞれなので、実際に問題を解いてみて自分がどれくらいの点数を狙えるかは、確認した方が良いでしょう。

北摂つばさ高校・吹田高校について

倍率タイプはIIを選択していますので、当日の試験(入試点)重視です。

しかし、B問題を選択していますので、テストで挽回するのはかなり厳しいでしょう。

北摂つばさ高校・吹田高校の受験生にとって、B問題は解けるであろう問題がそもそも少ないので、テストで挽回するには相当な勉強量が必要になるでしょう。

英数で難しい問題を解くよりは、国理社の方が取りやすい問題があるので、そちらを優先して勉強する ことをおすすめします。

しっかりと自分の志望校に合った対策をしよう

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます


【オープンキャンパス情報】大阪私立高校日程パート3

 高校受験情報(大阪府)

9月以降の高校説明会日程について

 

今回は、秋開催のオープンキャンパスの日程についてお知らせいたします。

詳細は、必ず各高校HPで確認してください。

 

多くの学校がコロナの影響で、事前受付をして席数の制限を行っているようです。

もちろん例年通り、当日自由参加、自由退場の会場もあります。

 

予約制を取っている場合、今年は前日ギリギリに申込だと定員超過の可能性もあります。

お申し込みは早めがよいでしょう。

 

ちなみに今年はコロナのこともあり、オープンキャンパスではなく

WEBオープンキャンパスのような、動画配信をしている私立高校もたくさんあります。

 

詳しい詳細は、必ず各私立高校HPをご確認ください。

 

※もしも見たい学校が同じ日に重なっている場合は、時期をずらすのが一番ですが、

距離が許せばハシゴしていただくか、ご家族で分かれて参加いただくのも選択肢の1つでしょう。

 

 

【星翔】

 

入試説明会 9/20(日)・10/18(日)・11/14(土)・12/6(日)・12/12(土)・12/20(日)

 

個別相談会 12/14(月)・12/15(火)・12/16(水)・12/17(木)・12/18(金)

 

オープンスクール 10/18(日)・11/14(土)

 

文化祭 11/6(金)

 

 

【大商学園】

 

入試説明会 11/1(日)・11/15(日)・12/6(日)・12/20(日)

 

オープンスクール 9/27(日)(クラブ体験)・10/4(日)・10/18(日)(授業体験)

 

文化祭 10/23(金)

 

学校外のイベント 10/17(土)・10/24(土)・10/25(日)

 

※上履きが必要です。

 

 

【箕面自由学園】

 

12/6(日)

 

学校説明会 11/14(土)・11/21(土)

 

オープンスクール 9/26(土)・10/10(土)

 

WEBオープンスクールを開催しています。

 

※上履きが必要です。

 

 

【履正社】

 

入試説明会 11/7(土)・11/14(土)・11/28(土)・12/5(土)

 

学校説明会 9/5(土)・10/3(土)・10/24(土)・11/21(土)

 

個別相談会 9/13(日)・9/26(土)・12/12(土)・12/19(土)・12/26(土)・12/28(月)

 

学校外のイベント(進学相談会) 10/25(日)・10/31(土)・11/1(日)・11/15(日)・11/21(土)・11/29(日)

 

※上履きが必要です。

 

 

【早稲田摂陵】

 

学校説明会 10/17(土)・11/7(土)・12/5(土)・12/12(土)・12/13(日)

 

オープンスクール 9/26(土)

 

文化祭 9/19(土)

 

 

【向陽台】

 

入学説明会、オープンキャンパスは、平日・土曜・大半の日曜に実施しています。

 

 

 

シリーズ3をもって、近隣の私立高校のオープンキャンパス情報は以上となります。

 

まだ、こちらに記載していない学校で気になる場合は、HPでお調くださいね。

 

 

 

 


【オープンキャンパス情報】大阪私立高校日程パート2

 高校受験情報(大阪府)

 

9月以降の高校説明会日程について

 

今回は、秋開催のオープンキャンパスの日程についてお知らせいたします。

詳細は、必ず各高校HPで確認してください。

 

多くの学校がコロナの影響で、事前受付をして席数の制限を行っているようです。

もちろん例年通り、当日自由参加、自由退場の会場もあります。

 

予約制を取っている場合、今年は前日ギリギリに申込だと定員超過の可能性もあります。

お申し込みは早めがよいでしょう。

 

ちなみに今年はコロナのこともあり、オープンキャンパスではなく

WEBオープンキャンパスのような、動画配信をしている私立高校もたくさんあります。

 

詳しい詳細は、必ず各私立高校HPをご確認ください。

 

※もしも見たい学校が同じ日に重なっている場合は、時期をずらすのが一番ですが、

距離が許せばハシゴしていただくか、ご家族で分かれて参加いただくのも選択肢の1つでしょう。

 

 

【大阪学院大学】

 

オープンスクール(クラブ体験会) 10/25(日)・11/22(日)、

 

文化祭 10/17(土)

 

その他イベント等(新校舎見学会) 9/26(土)・10/3(土)・10/10(土)・11/7(土)・11/28(土)・12/5(土)・12/12(土)・12/19(土)

 

 

【大阪青凌】

 

オープンスクール 9/26(土)

 

 

【関西大倉】

 

学校説明会 10/24(土)・11/7(土)・11/28(土)・12/12(土)

 

 

【関西大学北陽】

 

入試説明会 10/24(土)・11/21(土)

 

文化祭 9/26(土)

 

※上履きが必要です。

 

 

【金光大阪】

 

学校説明会 10/31(土)・11/7(土)・12/5(土)・12/12(土)

 

オープンスクール 10/17(土)

 

※上履きが必要です。

 

 

【常翔学園】

 

入試説明会 10/3(土)・11/7(土)・12/5(土)

 

※上履きが必要です。

 

 

 

次回も引き続き、大阪私立高校のオープンキャンパス日程をお知らせしていきます。

 

お楽しみに!

 

 


【オープンキャンパス情報】大阪私立高校日程パート1

 高校受験情報(大阪府)

9月以降の高校説明会日程について

 

今回は、秋開催のオープンキャンパスの日程についてお知らせいたします。

詳細は、必ず各高校HPで確認してください。

 

多くの学校がコロナの影響で、事前受付をして席数の制限を行っているようです。

もちろん例年通り、当日自由参加、自由退場の会場もあります。

 

予約制を取っている場合、今年は前日ギリギリに申込だと定員超過の可能性もあります。

お申し込みは早めがよいでしょう。

 

ちなみに今年はコロナのこともあり、オープンキャンパスではなく

WEBオープンキャンパスのような、動画配信をしている私立高校もたくさんあります。

 

詳しい詳細は、必ず各私立高校HPをご確認ください。

 

※もしも見たい学校が同じ日に重なっている場合は、時期をずらすのが一番ですが、

距離が許せばハシゴしていただくか、ご家族で分かれて参加いただくのも選択肢の1つでしょう。

 

 

【大阪薫英女学院】(女子校)

 

個別相談会 12/5(土)・12/6(日)・12/12(土)・12/13(日)・12/19(土)・12/20(日)


オープンスクール 9/27(日)・10/25(日)

 

文化祭 9/20(日)

 

 

【大阪成蹊女子】(女子校)

 

学校説明会 9/19(土)・10/17(土)・10/31(土)・11/14(土)・12/5(土)

 

個別相談会 9/19(土)・10/17(土)・10/31(土)・11/14(土)・12/5(土)

 

オープンスクール 9/19(土)・10/31(土)・11/14(土)・12/5(土)

 

文化祭9/15(火)

 

※上履きが必要です。

 

【梅花】(女子校)

 

オープンスクール 9/26(土)・10/17(土)・11/1(日)

 

文化祭9/21(土)

 

 

 

 

【藍野】

 

学校説明会 11/14(土)

 

オープンスクール 9/26(土)

 

文化祭10/24(土)・10/25(日)  

 

 

 

 

【英真学園】

 

オープンスクール 10/31(土)・11/7(土)

※クラブなども見学・参加できるようです!

 

 

 

【追手門学院】

 

入試説明会 10/17(土)・11/7(土)・12/12(土)

 

 

 

 

【大阪高校】

 

個別相談会11/26(木)・11/27(金)・11/28(土)

 

オンライン説明会・相談会10/24(土)・11/15(日)・12/5(土)・12/12(土)

 

オープンスクール10/24(土)・11/15(日)・12/5(土)・12/12(土)

 

 

 

次回も引き続き、大阪私立高校のオープンキャンパス日程をお知らせしていきます。

 

お楽しみに!

 

 

 


【オープンキャンパス情報】10月末までの大阪府公立高校日程

 高校受験情報(大阪府)

9月以降の高校説明会日程について

 

今回は、秋開催のオープンキャンパスの日程についてお知らせいたします。

詳細は、必ず各高校HPで確認してください。

 

多くの学校がコロナの影響で、事前受付をして席数の制限を行っているようです。

 

今年は前日ギリギリに申込だと定員超過の可能性もあります。

お申し込みは早めがよいでしょう。

 

※もしも見たい学校が同じ日に重なっている場合は、

距離が許せばハシゴしていただくか、ご家族で分かれて参加いただくのも良いでしょう。

 

 

 

 9/26(土) 

【茨木西高校】授業見学 9:30〜11:15(受付開始 9:20)

        1限  9:25〜10:15

        2限  10:25〜11:15

        食堂体験 10:45〜11:45

        学校説明会 11:50〜13:00(受付開始 11:40)

        ※申込期間 8/24〜9/25

     

【大冠高校】 部活動体験会 ※要申込

      午前の部 10:00〜

      午後の部 13:00〜

       

【福井高校】  10:00〜11:00

 

 

 10/17(土) 

【三島高校】 時間未定 ※要事前web申込 9月上旬受付開始

      

【摂津高校】 時間未定 

       

【芥川高校】 14:00〜16;00 ※申込不要

       

【豊島高校】 学校説明会・体験入学・部活体験 ※申込期間10/1〜10/9

              12:30〜 受付開始

              13:00〜14:00 全体説明会

              14:20〜15:05 授業体験

              15:10〜16:30 部活体験

       

【阿武野高校】 12:50〜16:00

        オープンスクール参加生徒 12:50 体育館集合

        学校説明会参加の保護者 12:50 体育館集合

【福井高校】  14:00〜15:00

 

 

 10/24(土) 

【箕面高校】 学校見学会 午前

       

【山田高校】 11:00〜 体育館/14:00〜 視聴覚室

            ※二週間前までに要予約

 

【大冠高校】 学校説明会 14:30〜 ※要申込

 

 

 10/31(土) 

【高槻北高校】 9月受付開始

【吹田東高校】 時間未定 ※要申込

 

 

 


【大阪府・高校帰国生入試】帰国子女は一般入試を受けられるの?

 高校受験情報(大阪府)

JUGEMテーマ:教育

 

今回は帰国子女は一般入試を受けられるのか。ということについてお話したいと思います。

大阪府の私立入試、公立入試についてのお話ですので、他府県に関しては、きっちりと調べてください!!あくまで大阪のお話です。

公立のお話がメインです。公立の一般を受けようと思うと特殊なケースがあるので、注意が必要です。

 

 

私立入試について

私立入試に関しては、帰国生入試、一般入試、基本的にはどちらでも受けることができます。

帰国生入試を選択すると、その特殊性からどうしても専願になるケースが多いです。公立高校をメインに考えているという場合は、一般入試を併願で受けることになります。一応、帰国生入試でも併願可のところもあるので、そちらを受ける方法もあります。

 

一般入試を利用する場合、秋に行われる実力テスト、中3生の成績は意識して取るようにください。また、帰国生入試の場合は試験科目数が2〜3教科になることが多いですが、一般だと5教科の試験を行う学校がほとんどです。ですので、理社の勉強をする必要も出てきます。理社は高校生になってからも勉強する科目なので、中学生の内にしっかり勉強しておく方が良いとは思いますけどね。

 

 

公立入試について

公立帰国生入試について

特別選抜の日程で受けることになります。

こちらには、内申点が必要ありません。試験と自己申告書、面接で合否を決定します。

試験は数英の二教科のみです。自己申告書は面接のために書くので、面接で聞かれることを意識して書きましょう。

一般入試よりも問題は易しい傾向にあり、問題も2段階のみです。

 

公立一般入試について

帰国生の一般入試についてお話しする前に言っておきますが、これは帰国生が優遇されるようなお話ではありません!あくまで一般入試を受けられないということが無いようにするための処置です。一般入試を受ける場合は帰国生であっても、それ相応の実力が必要です。

一般入試を帰国子女が受けると考えられるパターン

一般入試を帰国子女が受けるパターンとして考えられるのは2つです。

一つは、北野高校、茨木高校や、春日丘高校といった大阪府北部で偏差値が高い高校を目指すパターン。

もうひとつが、帰国生入試はチャレンジで自身のレベルより高い高校を受けて、不合格になったパターン。

公立の帰国生入試に受かった場合は、その公立高校に行くことになるので一般入試は受けられなくなります。

 

一般入試を帰国生が受けることにおける問題点

※昨年度までのお話を元に書いています。大阪府が10月頃に確定情報を出すはずなので、必ず確認してください※

帰国生が公立の高校を一般入試で受験すると、一番ネックになるのが内申点(5段階評価によって決まる点数)です。

しっかりと海外の学校から評価をもらっていたとしても、評定がないとするしかない場合もあります。

その場合、一般入試の点数にどういう影響があるのか説明していきたいと思います。

ちなみに、今から説明する扱いを受けるためには、申請を行う必要があります!絶対に10月に出る大阪府の入試要項を確認してください!

 

合否判定が3回

1回目は成績をとりあえず1として扱う

まず1回目では、評定が無い期間の成績が全て1の扱いになります。その状態で合否判定を通常通り受けます。

これで合格ライン(募集人数の9割)に入っていた場合は、合格です。

 

実感が持てるように、例を出して説明していきます。

入試倍率は多くの高校が採用している入試:内申=7:3としましょう。

このとき、内申点は270点が満点です。

内訳は1、2年生がそれぞれ54点、3年生が162点です。

2年生の間、海外にいて評価がないとします。そうすると、その間の9教科(全教科)が1点になり、2年の内申点が10.8点という扱いになります。つまり、1、3年が満点だとしても226点ということですね。

1,2年の評定がない場合でも、同じように考えて、3年が満点でも183点です。

 

偏差値の高い高校を狙うとなると、内申は250点程度持っている人が多い中で戦うことになるので、かなり不利になることが分かるかと思います。

その状態で、上位の9割に入ろうと思うと、当然、当日入試でしっかりと点数を取る必要があります。

ただ当日の点数でカバーしようにも、25点〜65点ほど多く点数を取る必要があり、現実的ではないかもしれませんね。

理社に関して言うと、元々7割〜8割は取りたい科目なので、25点分のカバーをしようとすると満点近い点数を取ることになりますし、英数国に関してはC問題であれば、点数を取ることがそもそも厳しいです。B問題にしても、余裕で取れるわけではないので、一回目の合否判断で合格するのは厳しいと言わざるを得ません。

2回目は当日試験のみの勝負、ここが本命

合格の決まっている募集人数の9割を除いた全員を試験の成績順に並べて、その中から募集人数の1割までの成績上位者(理由があって評定のない人)のみを合格とします。成績順に並べて、募集人数の2割までの成績の人は、3回目のボーダーゾーン判定に回ります。上位2割に満たなかった場合は不合格となります。

 

例えば、募集人数が200人の場合、180人の合格者を除いてから、当日の成績順に並べ、20位までに入っている帰国生(理由があって評定のない人)は合格となります。40位までの人は次の合否判断、ボーダーゾーン判定に回ります。それ以下の人は不合格ということになります。

 

最初にも述べた通り、これは帰国生を優遇する話ではないので、一般入試で受ける場合は、相応の実力が必要です。つまり、成績があれば、本来は受かっている実力が必要ということです。その実力を持っているのであれば、合格している人たちを除くと、当日の点数で上位に入ることは難しくないはずです。本命と言ったのは、実力を出すことができれば十分に受かる可能性があるからです。

3回目、ボーダーゾーン判定

ここからは内申点のある人たちと同じくボーダーゾーン判定になります。

評定があって、成績順に並べた時の募集人数の90%〜110%と、評定が無く2回目の判断でボーダー判定になった人は自己申告書を元に合否を判断されます。

帰国生入試と違って、面接を前提にしたものを作る必要はありません。というよりも、面接で聞かれることを意識せずに、自己申告書の中で完結してるものを書く必要があります。

自己申告書は先に書いて提出するものなので、しっかりと大人に見てもらってから提出しましょう。

 

 

講師

以上が、帰国生一般入試が一般入試を受けようとした際の流れです。

正直に言えば、帰国生入試で受かっておきたいですね。一般入試は優遇されているわけではないので。

海外にいた間の勉強もフォローすることも考える必要があるので、科目が少なく、問題の難易度も低い帰国生入試の方がオススメできます。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。

 

この記事は瀧本が書きました。


【令和2年実施分】大阪府公立高校入試合格者平均点と難易度・出題分析

 高校受験情報(大阪府)

令和2年に実施された大阪府立高校合格者平均点が発表されました

大阪府教育センターより、令和2年に実施された入試の府立高校合格者平均点が発表されました。

合格点だけでなく、各問の正答率なども載っていますが、細かな分析は塾に任せて、皆さんがどれほどの点数を取る必要があるのかを確認していきましょう。

【令和2年実施】教科別平均点(90点満点換算)
  • 国語A:54点、国語B:55点、国語C:53.6点
  • 数学A:55.2点、数学B:44.5点、数学C:37.1点
  • 英語A:39.8点、英語B:48点、英語C:47.4点
  • 理科:48.5点
  • 社会:52.3点
国語

記述の正答率は、全体的にやはり低くなっていました。

文法問題も少ないながら出ていて、正答率は低いので、対策することも必要でしょう。

知識を問われるような問題もありました。

 

記述のレベルに関してC問題の正答率をみると30%程度しかありませんが、易しくなったと言えます。というのも31年実施分は10%程度の正答率しかなく、難しすぎでした。記述問題が多少やさしくなったことに伴い、平均点も上がり、30年実施分に近いレベルになったと思われます。

 

数学

ここ2年易しい問題が続いていましたが、今回は難易度が上がりました。

特に数学Cは難しく、絶対に取れる易しい問題が少なくなっていました。31年が70%越え7問に対して、令和二年は5問に減少しています。さらに難問も増えていて、31年には無かった10%以下の問題も3問ありました。ただ、正答率の偏りは見られず、階段のようになっているので、ある程度差がつきやすい試験だったと言えそうです。

 

数学Bも、正答率が0%近い問題がありました。それも3問も。しかし、そういう問題を除けば、B問題では、正答率が高いところが基本的に多く、取れる問題を落としてはいけない試験と言えます。

 

英語

B問題が正答率を見ると、正答率20%以下の難しい問題が5問から1問へと減少しています。全体的に見ても正答率は上がっていて取りやすい問題になっていました。記述問題も正答率は低いことが多いですが、今回はある程度の正答率があるので、記述問題の難易度も下がっていたと言えそうです。

C問題は平均点数自体はあまり変化なしです。ただ、正答率を見ると、取りやすいところと、取りにくいところがはっきりしていました。二問しかなかった正答率80%越えが10問に増えていました。こうなると難しい内容をしっかりと解けるかが重要になりそうです。

 

理科

平均点がここ5年の中では最高になっています。

知らないと解けない知識問題が出ていたので、びっくりすることはあったかもしれませんが、しっかりと点数を取りたい問題だったと言えます。

 

社会

31年度に比べると、難しい問題は少なくなっていました。31年度は10%を切る問題が4問出ていましたが、令和2年は1問のみ。こういう問題のときは得点源としてきっちりと点数を取っておきたいですね。

 

平成31年度 府立高校合格者平均点と難易度

【平成31年度】教科別平均点(90点満点換算)
  • 国語A:45.3点、国語B:49.5点、国語C:42.5点
  • 数学A:57.7点、数学B:49.1点、数学C:52.2点
  • 英語A:37.0点、英語B:41.6点、英語C:46.5点
  • 理科:43.7点
  • 社会:45.4点
【平成31年度】出題傾向と分析
国語

国語Bは内容把握は、そこそこ皆できているようです。

差がつくのは適語補充問題。単純な語彙問題もありますが、単純なレトリックで読めばわかる問題でも正答率は低くなっています。文脈判断は文章に慣れる必要があるので、早めに対策を始めましょう。

 

国語Cは問題ごとの正答率を見ると、昨年と比べ、圧倒的に記述問題の正答率が下がっていることがわかります。

 

数学

数学Bは、あまり平均得点自体は同じですが、正答率が0%に近い問題が二問ありました。

問題によって難しさにかなり差があるので、取れるところでしっかりと点を取りましょう。

 

数学Cは、30年度に引き続き、かなり易しい問題が出ました。

また、30年度と比べると、取れるところと、取れないところの差がはっきりしているため、差がつきにくかったと思われます。とはいっても計算問題の正答率も高くて90%です。計算で絶対落とさないようにすることは、差をつけられないためには必須です。

標本調査の問題もありましたが、難易度の割に正答率が低いので、ここがしっかりと取れたか取れなかったかでの差は大きいでしょう。

応用の問題もしっかりと演習をしていた人ならば特に問題なかったはずです。

 

英語

英語はやはり文章量が多いので、普段からしっかりとスピードを意識することが大切です。

すべて訳すと、時間が足りないので、意味を取る所と、取らなくて良いところは区別できるように練習していきましょう。

もちろん、基本的な文法や単語は必須です。

英語Bでは、記述問題が多めで正答率が低めですので、しっかりと対策が必要です。

 

平成30年度 府立高校合格者平均点と難易度

【平成30年度】教科別平均点(90点満点換算)
  • 国語A:47点、国語B:52点、国語C:56.7点
  • 数学A:54.6点、数学B:49.1点、数学C:50.5点
  • 英語A:42.4点、英語B:46.4点、英語C:50.9点
  • 理科:45.8点
  • 社会:52.2点
【平成30年度】出題傾向と分析
数学

予想はしていましたが、29年度に比べると数学B・Cは平均点が大幅に上がっています。

そこを抜きにしても、30年度の問題は、かなり易しい問題でした。

 

しかし、正答率を見る限りでは、設問内で難易度に幅が出ていることが分かります。

つまり、理解度により点数に差があるということです。

男性講師

上位校に限っていえば、満点近い点数で差がつかなかったのではないか?とも考えられます。確実に高得点を狙いたいですね

国語

国語も傾向の変化がありました。

A・B問題ともに漢字が減り、語彙が増加、作文の傾向も自由度が高くなったので、以前までの形と両方とも対策する必要があるでしょう。

漢文の出題もあり、いろいろ変更がありました。

理科

理科の平均は、思っていたよりも上がっていません。

29年度に比べると計算問題も少なくなり、問題はかなりやさしくなっているはずですが、上がり幅は5点程度。

講師

これは共通問題であることも関係しているとは思いますが、計算問題以外にも、点の取りにくい問題があるということです。

今までは、出題文を読むことさえできればよかったのですが、「そこそこ長い文章を読みとって答える」という出題形式に変わってきています。

今まで以上に、文を読むということに力を入れる必要があります

平成29年度 府立高校合格者平均点と難易度

【平成29年度】教科別平均点(90点満点換算)
  • 国語A:62点、国語B:59.4点、国語C:55.7点
  • 数学A:46.7点、数学B:29.1点、数学C:25.7点
  • 英語A:37.4点、英語B:43.2点、英語C:53点
  • 理科:39.3点
  • 社会:52.9点
【平成29年度】難易度概観
男性講師

この年の数学と理科は異常な難しさでした。

数学に至っては、あまり点が取れなくても受かるという事態。

過去問を解く際に、ひとケタしかないなんてこともあり得ますので、あまり落ち込みすぎないようにしましょう。

 

理科は計算問題が多かったので高得点は狙いにくいと思いますが、取れる問題はあるので、しっかりと点の取れるところで取りましょう。

平成28年度 府立高校合格者平均点と難易度

【平成28年度】教科別平均点(90点満点換算)

国語A:52.7点、国語B:57点、国語C:47.2点

数学A:52.5点、数学B:41.8点、数学C:39.7点

英語A:39.2点、英語B:45点、英語C:56.5点

理科:44.1点

社会:44.9点

【平成28年度】難易度概観
講師

この年から、英・数・国がA・B・Cに分かれました。

最初というのは基準として見ることもできます。

 

点数はまだ取りやすい年度なので、過去問を解く際には、ケアレスミスに気をつけてしっかりと点数を狙いましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

 


【大阪公立高校入試】令和3年度入試のテスト範囲変更がどれくらいの影響があるのか考えてみた【英国理社】

 高校受験情報(大阪府)

JUGEMテーマ:教育

 

前回の数学に引き続き、今回は英国理社を考えたいと思います。

まずは範囲から除外された単元の確認

理科

・科学技術と人間

・環境と人間

 

中3の応用分野を中心に削られた形です。

従来の生物の遺伝、化学のイオン、地学の天体、物理の運動という形は残ります。

千里山教室の準拠教材の場合だと、力の範囲にあるエネルギー変換のお話も削られています。

大きい枠からは特に削られたわけではないので、大きな影響はなさそうです。

ただ、学校の勉強を進める順番によっては、力から進めている場合もあるので、学校の進度に多少の狂いは出そうです。入試に出ないからと全く触れないわけではありませんが。

 

社会

・私たちと経済

・国民の生活と政府の役割

・私たちと国際社会の諸課題

 

中3の後半の内容が減ることになりました。

経済の範囲の一部や、国際社会が削られているので、純粋に範囲が狭くなっています。

正答率などについては後述します。

 

英語

・分詞の後置修飾

 

変更点は少ないですが、分詞のの後置修飾は躓くポイントでもあるので、たった一点の変更とはいえ、大きい変更と言えそうです。また、この分野を問題に出来ないだけでなく、問題文にも使えなくなるということなので、影響は大きくなりそうです。

 

国語

・漢字

国語に関して言うと、必ずやらないと、解けない入試問題はほぼないことから、変更点は漢字のみということになりました。

特別大きい影響を与えるものでもなさそうです。

 

正答率からの変更の影響を考える

国語

あまり変更がなさそうなので、とりあえず、漢字の正答率の平均だけ載せておきます。

C問題

6問で67%の正答率です。意外と高くはありません。書きの方の1問が、大きく正答率を落としていました。それを除くと8割近い正答率になります。

 

B問題

8問で正答率は63%。全体的には書きの方が正答率は低いですが、一問だけ読みで大きく正答率が低くなっています。

 

A問題

8問で正答率は65%。正直、難しくない漢字でも正答率が低いです。点の1画があるなし等、細かいことを気にする必要があります。

 

理科

前々回の実施分では出題数は0でした。

元々、そこまで試験範囲に入る箇所ではなかったので今年もそこが出ないだけと考えて良さそうです。

漢字と同じく、影響はあまり出なさそうです。一部出題されていた年もあったとは思いますが、普通に過去問も使えそうです。

先述した通り、今までの3年のメインと呼べる範囲、遺伝、運動、イオン、天体は今まで通り出ます。変更はそこまで大きくないと言えそうなので、点数を狙いにいく科目であることは変わらないでしょう。

英語

英語に関しては、正答率のデータでは計りきれないものがあります。

設問に関係のない文章からも、分詞の後置修飾が消えることになるので、影響は大きそうです。後置修飾のパターンが関係代名詞と、分詞だけになります。その分、文章の構造が簡単になるので、問題は易しくなります。

B問題では元々の正答率が結構低かったので、良い感じの調整になるのかもしれません。

C問題では、後置修飾の使い方を問うような問題もいくつか出ていました。過去分詞の後置修飾の正答率は32%と、その中でも低いです。もし、そこが取れる問題に変わるのであれば、今でもそこそこ高いC問題の得点率がさらに上がる可能性があります。かなり難しいレベルの試験に対し、さらに安定して高得点を求められるようになるので、かなり苦しい変更と言えそうです。

 

社会

今回の範囲から外されたものは前々回に当てはめると3問です。

ただ、常識の範囲内で答えられそうな問題ではあります。

正答率は全体よりは簡単な部類の問題です。65.6%の正答率平均でした。

正答率の高い問題が減ると、難しくなるということにはなるので、元々は差のつきにくい社会でも、差がつきやすくなりそうです。

もともと範囲は広いので、後半の分野が消えたくらいでは、大きな変更にはならないと思われます。

前々回でも3問しか出ていなかったことを考えると、とりわけ多く出されていた範囲でもないですし。

 

まとめ

英語に関しては設問だけでなく、出題される文章からも消えることから、大きな変更となる。特に除かれる範囲の文法が難しい内容のため、難易度への影響が大きい。

 

国理社に関して、試験に対しては、純粋な範囲の削減と見れるので、そこまで大きな影響は出なさそう。

 

試験に出ないから、やらなくてよいわけではない

中学での学習範囲は、高校生になってからも問われる知識です。特に英語に関して言えば、積み上げていく必要のある科目ですから、途中の1つが抜けてしまうと、それが原因で文章が全く分からないということもあるわけです。試験に対する勉強も大切ですが、それがすべてではないということは、意識しなければいけません。高校受験はあくまでも、のりこえる壁の一つということを忘れないように。

 

 

この記事はたきもとが書きました

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます


【大阪公立高校入試】コロナによる試験範囲変更を踏まえて、今までの正答率を参考に目標点数の試算をしてみた【数学編】

 高校受験情報(大阪府)

JUGEMテーマ:教育

 

今回大きく入試の範囲が変更になったため、出されなくなった範囲の配点率を前々回を参考にして出しておこうかと思います。

前回分は、データの開示がまだなので、開示され次第、まとめていきたいと思います。

まずは一番大きい変更があった数学編です。

 

除外された範囲を確認

  • 円周角の定理
  • 三平方の定理
  • 標本調査

中3の後半に習う範囲で、コロナの影響で休校になった分が削られた形です。

単元的には、応用に良く使われる範囲です。

標本調査は小問集合で出されやすく正答率も低めです。

円周角の定理、三平方の定理は応用問題に良く使われており、正答率も20%を切ることがざらにある難問になることが多いです。

この範囲が削られたということは結構大きい影響が出るのではないかと思います。

次に前々回のデータを元にして点数の概算をしていこうと思います。

前々回(31年度入試)の入試問題にどれくらい使われていたのか

C問題(一番難しい問題)

今回除外された分野を点数にすると、34点分の配点がありました。90点満点に対して約37%分ですね。

このことから、中3内容の割合の高さが伺えます。

先ほども述べた通り、難しい問題になる傾向があり、その問題の正答率平均が31.9%です。

全体の平均正答率が55%なので、それと比べると24低いということで、普段は取りにくい問題ということが分かってもらえるかと思います。

目標点はどのくらいにすれば良いか

今回の除外範囲を除いた問題の正答率の平均は68.8%ですから、90点満点に対して素直に当てはめると62点という計算になります。

 

前々回は合格者平均点52点なので+10点です。C問題の場合当日重視型なので、入試の点数に直す際に1.4倍され14点の違いとなります。

以前にも簡単に述べたのですが、平均点が上がるということは、数学がめちゃくちゃ得意な人、苦手な人にとってかなり不利になります。

得意な人にとっては、平均点が上がることによって本来つくはずの点差がつかないし、苦手な人にとっては、点数を取らないと差がついてしまいます。

易しい問題にはならないだろうが……

おそらく、大阪府も難しい問題は用意してくるとは思うのですが、単元的な難しさが落ちてしまう分、正答率は普段よりも高くなると思われます。図形問題2題というのが近年のテンプレートになっていましたが、図形関係の単元が削られてしまった結果、方程式の応用や、その他の応用に変わるということも考えられます。しっかりと単元ごとの演習を重ねていきましょう。

 

B問題(多くの学校で選択される問題)

B問題ではC問題ほど割合は高くなく、除外された分野の問題は3問ありました。そこで13点分の配点がありました。

これらの正解率は、79%、9%、8%とかなり極端です。

少なくとも大問としては難しい問題であったということが言えます。

目標点はどのくらいか

全体の平均正答率は61%だったので、これを点数にすると55点です。

目標点数は55点ということになりますね。

前々回の平均が49点なので6点アップです。

C問題ほどではないにせよ、今回の方が点数をとらないといけなくなりそうです。

分かっているのに間違えたら致命的

前々回の平均正答率を見ていると、B問題は解ける問題と、解けない問題の差が激しい傾向にあります。

正答率が1%以下の問題が2問あったり、多くの問題で正答率が8割近かったりするので、元から差がつきにくい問題と言えます。

だからこそ、計算問題での計算ミスや、極端な苦手範囲での失点は避けられるようにしましょう。

 

A問題(一番かんたんな問題)

A問題を選ぶ高校があまりないので、簡単に触れておきます。

除外される範囲は2問で11点分ありました。

正答率も15%と4%なので、正直正解出来ない人がほとんどの問題です。

得点率が低い問題がそれより得点率の高い問題に変わることになるので、見直しを徹底しましょう。

必ずしも他の難しい問題を正解しなければいけないということはありません。

取れる問題をしっかりと取ることを意識してください。

 

まとめ

過去問を使う際の目標点として、除外範囲を除き、「C問題の人は7割」「B問題の人は6割」を目指しましょう。

 

かなり難しい範囲がテスト範囲から消えてしまっているので、今回の一般入試は荒れそうですね。

例年はだいたい出る問題の形式が分かっていましたが、今年に関しては例年通りというわけにはいかないので、正直どうなるか分かりません。過去問傾向の対策だけでは不十分ということも考えられます。個別に演習して、どんな問題が出ても解けるように対策をしておきましょう。

 

この記事はたきもとが書きました

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

 


【2020大阪高校公立入試】令和2年度大阪公立高校一般選抜 数学C 問題解説 

 高校受験情報(大阪府)

 

今回は規則性の問題が出ていなかったですね。

数学は全体的に難化してるように感じます。

特に大問2と3は難化しているように感じます。

 

証明も難しかったですね。大問2と3は最初の設問は取れるようにしたいですね。

 

 

 

大問1-(5)

 

ここの問題は問題文が長いので難しかったと思いますが、

解き進めるとそれほど難易度が高くないので挑戦みましょう。

 

3つの袋A,B,CにAに8個、Bに10個、Cに4個の玉が入っている。

 

また、2つの箱P、QにPは2⃣3⃣4⃣、Qは1⃣3⃣5⃣のカードが入っている。

 

P、Qの箱から同時に1枚のカードを取り出し、次に操作を行った後に、

袋Aの玉の数a、袋Bの玉の数b、袋Cの玉の数cとする。

 

この時a<b<cとなる確率はいくらか?

 

操作:箱Pから取り出したカードに書いてある数と同じ数の個数の玉を袋から取り出して袋Cに入れて、

箱Qから取り出したカードに書いてある数と同じ数の個数の玉を袋から取り出して袋Cに入れる

 

 

答え 全体の通り数はP=2のときQ=1,3,5の3通り

          P=3のときQ=1,3,5の3通り

          P=4のときQ=1,3,5の3通り  なので全部で9通りあります。

 

表にして考えると、

P= 2 a b c
Q= 1 6 9 7
Q= 3 6 7 9
Q= 5 6 5 11
P= 3 a b c
Q= 1 5 9 8
Q= 3 5 7 10
Q= 5 5 5 12
P= 4 a b c
Q= 1 4 9 9
Q= 3 4 7 11
Q= 5 4 5 13

 

 

よってa<b<cになるのは

 

P=2,Q=3、

P=3,Q=3、

P=4,Q=3、

P=4,Q=5の4通りになるので

 

4/9となります。

 

 

 

大問1-(8)

 

 

a,bを整数とする。

 

右の図において、

mは関数y=ax^2のグラフを表し、ℓは関数y=bx+4のグラフを表す。

 

nはℓと平行な直線であり、その切片はー3である。

 

四角形ABCDは正方形であり、辺ABはx軸に平行であって、辺ADはy軸に平行である。

 

Aはm上にあり、そのx座標xはは4である。

 

Bはℓ上にあり、Dはn上にある。Cのx座標はー2であり、Cのy座標はBのy座標より小さい。

 

a,bの値をそれぞれ求めなさい。途中式を含めた求め方も書くこと。

 

 

問題のポイントは、線上に通っているx座標から各点ABCDの座標を求めること!

 

点Aはx座標が4でmのy=ax^2上にあるからA(4,16a)

点Bはx座標−2でℓのy=bx+4上にあるからB(−2,−2b+4)

点Dはx座標4でnのy=bx−3上にあるからD(4,4b−3)

 

ABの距離4-(-2)=6

 

点A,Bのy座標は等しいので16a=-2b+4⇔16a+2b=4…

ADの距離も6で等しいので16a-(4b-3)=6⇔16a-4b=3…

 

´△茲袁⇔方程式を解くと、    16a+2b=4

                       −)16a-4b=3

                     6b=1

b=1/6となり

 

よってa=11/48

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

公立数学は難化が進んでいるので、得点できるところでしっかり得点しておかないと

その差が命取りになることも。

 

数学Cで受験するということは、ある程度の内申点をもって受験する生徒も多いですから

致命的なミスをしないように注意を払って取れるところで確実に得点することを意識しましょう。