You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【太秦教室】太秦中2年数学2学期中間解説1

投稿者:太秦教室

こんにちは、You学舎太秦教室の尾花です。

今日から、太秦中2年の2学期中間テストの数学を解説したいと思います。

 

問9

長さ15cmのろうそくに火をつけると、毎分0.5cmの割合で短くなるという。

火をつけてからx分後のろうそくの長さをycmとするとき、以下の問いに答えなさい。

 

(1)yをxの式で表しなさい

 

ろうそくは毎分0.5cmずつ短くなるので、x分で0.5xcm短くなる。

元々15cmだったので、ろうそくの長さは(15-0.5x)cmとなる。

 

y=15-0.5xですが、一次関数の一般形に合わせると、y=-0.5x+15となります。

 

 

(2)xの変域を求めなさい。

xの変域は、ろうそくに火をつけてから、燃え尽きるのに何分かかるのかを考えればいいので、

 

15cm÷0.5cm=30分

 

よって、xの変域は0≦x≦30となります。

 

(3)yの変域を求めなさい。

yはろうそくの長さなので、一番長くて15cm、一番短い時は0cmなので、0≦y≦15

 

 

(4)40分後、ろうそくはどうなっていますか?

ろうそくは30分後には既に燃え尽きてしまうので、40分後には完全に燃えてなくなっています。

 

 

 

文章題ですが、そこまで難しい問題ではありません。

60点以上を目指しているなら、絶対に解かないといけない問題でした。

間違えた人は、しっかり復習してくださいね!


【太秦教室】太秦中2年2学期中間数学分析

投稿者:太秦教室

こんにちは、You学舎太秦教室の尾花です。

今週は、太秦中2年の数学の2学期中間試験を分析してみました。

 

次回のテスト対策の参考にしてくださいね。

 

大問1

基本的な計算問題が7問出題されました。

中1レベルの問題から連立方程式まで幅広く入試を意識した出題です。

ここで失点した人は必ず同じタイプの問題を復習しておきましょう。

 

苦手な人が多いのが(3)(4)の「単項式の乗除」だと思います。

特に(4)。

文字が分数の上下どちらにあるものなのかをはっきりさせて計算しましょう。

後は、分母分子を約分して計算するだけです。

約分の順番は、 ゝ号 ⊃字 J源(アルファベット順) など自分の中でルールとして決めておくといいと思います。

 

 

大問2〜3

一次関数のグラフ問題ですね。

 

一次関数の一般式、「y=ax+b」のaは傾き、変化の割合、bはy切片ですね。

傾きの符号にさえ気を付ければ、全問正解も難しくない問題です。

大問2〜3で失点があった人は、一次関数の基本から復習する必要があります。

関数は3年生になっても、高校生になっても出てくる単元なので、

今のうちにグラフと式の関係に慣れておかないと、後々苦労することになります…。

 

 

大問4

一次関数の求値、求式問題です。

一次関数「y=ax+b」に分かっている数字を代入しましょう。

 

〃垢+一点の座標、y切片+一点の座標が分かっている場合

式の中にはx,y,a,bの4種類の文字があるので、3種類の文字に数字を代入すれば最後の1つもわかります

 

二点の座標が分かっている場合

二点の座標を使ってa(変化の割合)を求める方法と、

二点をそれぞれ代入して連立方程式を使って求める方法があります。

どちらを使っても構いません。得意な方で求めしょう!

 

 

大問5

一次関数の知識問題です。

これは、教科書やリピートでは練習できないタイプの問題です。

一次関数についてきちんと理解できていなければ答えられないですよね。

このタイプの問題を毎回間違える人は、問題の解き方や計算だけをなんとなく覚えていて、本当には理解できていないということなので、入試で困る予備軍です…。

 

問題が解けることに満足せず、理解が深まるまで自分で考えて応用問題にチャレンジしてください。

 

 

大問6

一次関数の値の問題なので、落ち着いて考えれば全問正解できたと思います。

y=-2x+4に与えられたxの値を代入すれば(1)も(2)も解けますね!

 

大問7、8

大問5に引き続き知識を活用して解くタイプの問題が続きます。

傾きやy切片についての正しい知識がなければ解けないですね。

平行な直線は、傾きが等しいです。

 

傾きが正の数なら右上がり、傾きが負の数なら右下がりというのは、問題を解いてきた経験上知っていると思います。

切片の正負によって、グラフがy軸のどこを通るかの判断もできますよね?

見慣れない形の問題なので戸惑うかもしれませんが、大問8は意外と簡単にできるはずです。

 

問9

一次関数の文章題です。

ろうそくが短くなっていく問題は、一次関数の定番と言っていいでしょう。

リピートにろうそくが短くなっていく問題が載っていましたね。

 

問10

個数と代金の関係の連立方程式の文章題です。

問題文のなかで、xとyを与えられているので、(1)(2)の式を作れれば、あとは計算するだけです。

 

問11

速さの連立方程式の文章題です。

苦手な人が多いと思いますが、速さと時間と距離の関係を覚えていれば、問題文中でxとyを与えれているので、

意外と立式しやすかったのではないでしょうか?

 

問12

割合の連立方程式の文章題です。

これは、苦手な人が多いタイプの問題です。

太郎さんと秦子さん、それぞれが作った式の意味を考えなくてはいけないし、それをことばで説明するのは難しかったのではないでしょうか?

 

 

どうでしたか?

基本的な問題が解ければ約60点はとれるテストだったと思います。

それ以上の点数を取りたいと思っている人は、「利用問題」のリピートを自力で解けるようになるまで、何度も解き直しをしましょう。

新しい問題を解くのも大事ですが、まずはリピートから!

テスト前は特にリピートの演習が大事ですよ。

 

問9〜12の文章題は来週の月曜日から1題ずつ解説をアップしていくので、分からなかった人は毎日ブログをチェックしてくださいね!


【太秦教室】太秦中3年2学期中間応用問題解説3

投稿者:太秦教室

こんにちは、You学舎太秦教室の尾花です。

三連休最終日は、太秦中3年数学の2学期中間テスト最終問題の解説をします。

 

 

問題

連続する3つの正の整数がある。もっとも大きい数ともっとも小さい数の積は、真ん中の数の5倍より23大きい。

二次方程式を作り、この3つの正の整数を求めなさい。

 

「3つの連続する正の整数」と言われたら、真ん中の数をxとして、

「x−1、x、x+1」と表すのが基本です。

 

次に文章題のとおりに式を作り、解を求めます。

 

最後に、気を付けるのが問題で求められていることに正しく答えること。

今回は、「3つの正の整数」を答えなくてはいけません。

 

では、挑戦してみましょう!

 

 

<解>

3つの連続する正の整数の真ん中の数をxとすると、3つの整数はx−1、x、x+1と表すことができる。

もっとも大きい数と小さい数の積は、真ん中の数の5倍より23大きいので、

 

  (x+1)(x-1)=5x+23

         x^2-1=5x+23

x^2-5x-1-23=0

   x^2-5x-24=0

   (x-8)(x+3)=0

                 x=-3,8      ←xは答えではないので注意!

 

xは正の整数なのでー3は不適。

よって、三つの連続する正の整数は、7,8,9である。

 

 

 

どうでしょう?

最後まで説明できましたか?

 

_燭鬘とおくか

∧絃和蠅鮗阿派修垢箸匹Δ覆襪

Eえとして求めるべきものは何か

 

 

がポイントです。

公立入試でも、文字式を利用した証明問題が出題されることがあります。

手順を覚えれば得点源にすることができるので、今回の問題は自力で最後まで書けるようになるまで練習してくださいね!

 

三連休も今日で終わり!

明日から、また学校です。がんばってくださいね!


【太秦教室】太秦中3年2学期中間数学応用問題解説2

投稿者:太秦教室

こんにちは、You学舎太秦教室の尾花です。

昨日に引き続き太秦中の3年の2学期中間の解説をしようと思います!

 

今日は問18です。

 

問題

同じ大きさのタイルを1段目に2枚、2段目に4枚、3段目に6枚…と規則的に並べています。

次の問いに答えなさい。

 

(1)タイルを6段目まで並べた時の、タイルの総数を求めなさい。

問題文から、枚数が明らかになっている段までの総数を計算します。

 

1段目までの総数… 2枚

2段目までの総数… 2+4=6枚

3段目までの総数… 2+4+6=12枚

 

ここで注目するのは、n段目の「n」と総数の関係性です。

「n」を使って、総数を表す式がないかを考えます。

 

考えた方はいくつかありますが、〆垢肪輒椶垢襦´二乗してみる の二つが有効なことが多いです。

今回は、二乗してみるが使えます。

 

n段目のnを二乗してみると以下のようになることがわかります。

 

1段目…1×1+1=2枚

2段目…2×2+2=6枚

3段目…3×3+3=12枚

 

n段目…n×n+n=n段目までのタイルの総数

となるわけです。

 

つまり、6段目までの総数は

6×6+6=42枚                           A.42枚

 

 

 

もちろん、(1)は6段目までの総数なので…

1段目…2枚、2段目…4枚、3段目…6枚、4段目…8枚、5段目…10枚、6段目…12枚

として、

 

2+4+6+8+10+12=42

                                    A.42枚

 

(2)タイルの総数が132枚になるのは、何段目まで並べた時か求めなさい。

 

(1)で求めたn段目までの総数の式を利用します。nについての二次方程式ができますね!

(nの二乗をn^2と表記します。)  

 

         n^2+n=132

   n^2+n-132=0

(n-11)(n+12)=0

                   n=-12, 11

 

段数にマイナスはないので、11段目が解となります。

                                    A.11段目

 

 

nを使って規則性を求めたり、表したり…という問題は、公立入試でも必出です。

ちょっと難しいけど、がんばって考えてみてくださいね。


【太秦教室】太秦中3年数学・2学期中間テスト応用問題解説

投稿者:太秦教室

こんにちは、You学舎太秦教室の尾花です。

2学期中間テストが返却されましたが、結果はどうでしたか?

納得できる点数はとれましたか??

 

今日からの3連休、数学の問17、問18、問19を1日1題ずつ解説しようと思います。

 

初日は問17。図形と方程式の問題です。

図形問題は、問題用紙に書き込みをしながら解きましょうね!

 

問17. AB=8 cm、BC=16 cm、∠B=90°の直角三角形ABCで、点Pは辺AB上を毎秒1 cmの速さでAからBまで動き、点Qは辺BC上を毎秒2 cmの速さでBからCまで動く。点P、Qが同時に出発してx秒後の△PBQの面積について次の問いに答えなさい。

 

問題を読んだら、以下のような書き込みをしましょう。

 

 

【解説】

(1)点PはAからBまで毎秒1 cmの速さで動く。よって出発してx秒後のAPの長さは以下の式,房┐垢茲Δ暴个垢海箸できる。

     AP=x×1

       =x(cm)…

    また、AB=8 cmより、出発してx秒後のPBの長さは以下の式△房┐垢茲Δ暴个垢海箸できる。

     PB=8-x(cm)…

  ただし、点Pは出発してから8秒を超えると辺AB上から辺BC上に移動するので上記の式△論り立たなくなる。よって式△成り立つのは0≦x≦8の範囲である。

                                                 A.PB=8-x(cm)

 

(2)前述(1)より、PB=8-x(cm)である。

  題意より、点QはBからCまで毎秒2 cmの速さで動く。よって出発してx秒後のBQの長さは以下の式に示すように出すことができる。

     BQ=2×x

       =2x(cm)…

  ただし、点Qは出発してから8秒を超えると辺BC上から辺CA上に移動するので上記の式は成り立たなくなる。よって式が成り立つのは0≦x≦8の範囲である。

  以上より、△PBQの面積を求める式は以下の式い房┐垢茲Δ忙蚕个任る。

     △PBQ=底辺×高さ×1/2

        =BQ×PB×1/2

        =2x×(8-x)×1/2…

                                                 A.ア  

 

(3)△ABCの面積は以下の式イ房┐垢茲Δ暴个垢海箸できる。

      △ABC=底辺×高さ×1/2

         =BC×AB×1/2

         =16×8×1/2

         =64(cm^2)…

 

  △PBCの面積が△ABCの面積の1/4になるようなxを求めるので前述のぁ↓イ茲螳焚爾亮➅に示すような等式が成り立つ。

        △PBC=△ABC×1/4

          2x×(8-x)×1/2=64×1/4

     8x-x^2=16

     x^2-8x+16=0

     (x-4)^2=0

     x=4…➅

  これは、0≦x≦8を満たすので解として適する。

  以上より、△PBCの面積が△ABCの面積の1/4になるのは4秒後である。

                                                 A.4秒後

 

 

どうでしょう?わかりましたか??

明日は、問18の解説をします。お楽しみに!

 

 

 

 

 


【太秦教室】太秦中2年英語 中間テストで80点とる方法

投稿者:太秦教室

9月27日、28日は太秦中の2学期中間テストです。

勉強は進んでいますか?

今日は、試験勉強の方法をいくつかお伝えしましょう!

 

1.教科書の音読&和訳

何はともあれ、教科書の音読と訳は最低条件です。

学校の授業はプリント中心ですが、テストに出題される文法や表現は教科書にたくさんつまっています。

意味や読み方のわからない単語は教科書の後ろに載っている[Word list]を使って調べて、自力で読んで訳してみましょう。

 

 

 

 

 

2.文法や熟語のチェック

教科書中で今回のテストのポイントとなる文法や熟語・表現をチェックしましょう。

 

*本当は、この時赤ペンや色ペンで線を引くよりも蛍光ペンを使うと目立ちやすいのでお勧めです。

 

3.セクションスタディ 1周目

教科書の内容が頭に入ったら、セクションスタディに挑戦しましょう。

間違えた問題は、赤ペンで書き直さずにバツ×だけつけましょう。

 

4.セクションスタディ 2周目

1周目で間違えた問題をノートに解き直します。

前回はどうして間違えたのか理由も確認しましょう。

 

5.英文暗記

プリントの英文を暗記しましょう。

まず、英文を読んで訳す練習をします。

それが出来たら、次は自分の訳を見て英作できるように練習します。

意味がわからない英文を覚えるのはとても大変なので、必ず、和訳、英作をセットで練習して覚えましょう!

 

6.英作練習

今までのパターンを考えると、おそらく絵や表などを与えられて状況に合わせた英作をする問題が出ると思います。

Unit2、3の教科書右ページに載っている絵を見て英作する練習をしましょう。

 

 

ここまで準備できたら、筆記は8割いけます!

当日は、文中の間違いを探して正す問題にあまり時間をかけすぎないように注意してくださいね!


【太秦教室】日本に平和を齎した人 徳川家康 前編

投稿者:太秦教室

 

 どうも!太秦教室社会科担当の白木です!

 

 タイトルの「齎す」読めましたでしょうか?

 これは「もたらす」と読み、「ある状態を実現させる」という意味を持っています。

 

 まさに江戸幕府成立から260年続いた平和を実現させた徳川家康のキャッチフレーズにはぴったりではないでしょうか。(自画自賛w)

 

 徳川家康の似顔絵イラスト

 

 徳川家康は幼少期の人質生活に耐えるなど我慢の人として知られる一方で、政権を乗っ取る、新参者を遠方に送る(外様大名)などずる賢い(笑)部分も持っている人物です。

 

 では、家康がどうやって政権を乗っ取ったのかヾ悒姥兇寮錣大坂の陣の二つを中心に見ていきましょう!

 

 まず一つ目の関ケ原の戦いですが、桶狭間の戦いから織田信長についた家康は秀吉は天下を獲る頃には関東一円を支配する実力者となっていました。(ここまで紆余曲折ありました。。苦労人なのです。)

 

 秀吉の配下の中でも有力であった家康は秀吉亡き後政権を取ろうと画策し(ずる賢いw)、ついに秀吉に忠誠を誓う石田三成らを関ケ原で破り天下統一を決定的なものにします!

 

 さらに二つ目の大坂の陣で豊臣家を滅ぼします。

 

 関ケ原の戦いで勝利し、日本をほぼ支配した徳川家康ですが依然豊臣家は秀吉に恩のある大名も多く、資金も莫大にあり無視できない存在でした。

 

 そこで家康は謀略を巡らせ、豊臣家に無駄に寺社を作らせることで豊臣家の資金を削っていきました。また運の良いことに大坂の陣までに豊臣派の武将が次々と亡くなっていきました。(これはかなり怪しいぞw)

 

 このような家康の動きに対して不信感を持った人々関ケ原の戦いで所領を失った浪人などの不満分子が豊臣家に集まり大坂の陣への機運が高まっていきました。

 

 そしてついに家康が豊臣家が立てた寺の鐘が徳川家を暗に呪うものであると言いがかりをつけ大坂の陣が開戦します。(「国家安康 君臣豊楽」 国家安康が家康の名前を引き裂くもので、君臣豊楽が豊臣家の繁栄を暗に願うものだとして言いがかりをつけた)

 

 この大坂の陣で勝利した家康は完全に天下を手に入れたのでありました。(真田幸村に加え、その陰で活躍した毛利勝永など語りたい部分は多いですがそれはまた今度)

 

 天下を完全に掌握した家康は、その地位をさらに盤石にするためにさらに手を打っていきます。

 

 この後の話は後編でw

 

 ではまた!

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【太秦教室】天下を獲った「サル」 豊臣秀吉 後編

投稿者:太秦教室

 

 どうも!太秦教室社会科担当の白木です!

 

 突然ですが、秀吉を評した俳句として

 

 「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス

 

 という俳句があります。

 

 ホトトギスと豊臣秀吉のイラスト

 

 これは秀吉の周りに働きかける力、ホトトギスさえ手懐けられるほどの人心掌握力を表した俳句として有名です。

 

 私も秀吉のように生徒たちの心をがっちりと掴める講師になりたいものです(笑)

 

 

 余談は置いておいて、前編の続きキリスト教禁教から解説していきます!

 

 キリスト教禁教ですが、なぜ信長がキリスト教を推奨したのに対して秀吉は禁教と言う策をとったのでしょうか?

 

 前回の織田信長編で信長がキリスト教を推奨した理由として金を稼げるからと言う理由がありました。

 戦争にはお金がかかります。軍資金を集めるといった背景もありキリスト教(海外の商人)とのつながりを持ちたいという思惑がありました。 

 

 しかし秀吉が治めているのは日本統一した後の国。争いもなく、戦国時代ほど資金も要りません。

 秀吉にキリスト教を推奨する理由はありませんでした。

 

 加えて、秀吉は日本の統治者で兵農分離を推し進め、下剋上の時代から一転して身分の固定する政策を採り続けました。

 この秀吉の方針に対して、人類はみな平等と考えるキリスト教の考え方はあまりにも都合が悪いものでした。

 

 「神は2柱要らない」キリスト教は次の江戸幕府の時代にも弾圧され、再び日の目を見るまで時間を要するのでした。

   ↑神様の単位は人じゃなくて柱らしいですよ(笑)

 

 

 さて最後につ鮮侵略について解説をして豊臣秀吉編を〆たいと思います。

 

 い任垢、見事日本を統一し、その後キリスト教を排除した秀吉は農民の「サル」から「日本の王様」になりました!

 そんな日本で敵なしの秀吉が目指したのは世界の王様」でした。

 

 手始めに中国へ進出する足掛かりとして朝鮮へ侵略していきます!

 

 全国の大名から大軍を集め二度攻め込みますが、朝鮮、中国の連合軍に敗れ、秀吉は志半ばで亡くなってしまいます。

 農民から「世界の王様」という究極の下克上を目指した秀吉の挑戦は失敗に終わりました。

 

 秀吉が亡くなった後、偉大な指導者を失った豊臣家と、NO2の座についていた徳川家康との間で、どちらが秀吉のポストに座るか争いが起きました。

 その争いを鎮めた徳川家康がまた新しい時代を創り、秀吉の家系は悲劇的な結末を迎えるのでした...。

 

 

 上記の4点に加え、秀吉は関白に任命され(摂政との違いは大丈夫かな?)、また大阪城を築くなど関西地方ともつながりの深い人物です。

 

 また秀吉は前の信長、後の家康と比較すると理由付けしながら覚えていけるのでスムーズですよ!

 

 次は徳川家康の解説をしてしていきたいとおもいます!

 

 次回もお楽しみに! 社会科担当白木でした!

 

 

 


【太秦教室】天下を獲った「サル」 豊臣秀吉 前編

投稿者:太秦教室

 

 どうも!太秦教室社会科担当の白木です!

 

 今回「サル」こと豊臣秀吉について解説していこうと思います!

 

豊臣秀吉の似顔絵イラスト

 

 今回のお題の『天下を獲った「サル」』についてですが、豊臣秀吉はすばしっこさや容貌から織田信長から「サル」というあだ名をつけられました。

 

 さらに指が6本あるなど個性的な容姿をしていた秀吉は、持ち前の行動力、人心掌握力を生かして貧しい農民から成りあがります。

                                  ↑ここテストに出ません(爆)

 

 最終的に天下を統一してからの秀吉の業績だけが教科書に載せられるのでした(笑)。

 

 

 さて秀吉は統一した後の政策として

 

 ‖盛涕|

 刀狩

 キリスト教禁教

 つ鮮侵略

 

 の4つがテスト頻出ですので中心に解説していきます!

 

 

 ‖盛涕|についてですが、太閤検地が行われる前に、指出検地(さしだしけんち)←ゆびだしじゃないよ(笑)

 と言う方式で年貢の徴収が行われていました。

 

 指出検地とは自己申告でどれだけの作物を納めるか決めるものです。

 自己申告なので、年によって納入量に違いがあり一年の計画を明確に立てられず困っていました。(自己申告てw)

 

 そこで秀吉は全国の田畑の面積を調べ、数値化した「太閤検地」方式によって安定して作物を徴収することに成功しました!

 

 

 刀狩について、秀吉は太閤検地を行う一方で農民たちから刀などの武器を取り上げました。

 

 理由は明確!武器を持っていたら反乱を起こすから(笑)

 秀吉は農民出身である分、下剋上のパワーを身をもって感じており、下剋上する術を排除しおかないと必ず自分が取って替わられるとわかっていたんですね!

 

 じゃあ、どうやって武器を取り上げたのか?刀を取り上げられるだけでは民衆にとってデメリットしかありません。

 統治をし始めた秀吉にとって、無駄に民衆から反感を買うのは避けたいところ…。

 

 ここで秀吉が持ち前の人心掌握力を発揮します!

 理由を「お寺の鐘に使うから」として、民衆の信仰を利用する形で刀狩を成功させたのでした。

 

 この後も秀吉は行動力、人心掌握力を遺憾なく発揮して、日本の改革に尽力していきます!

 

 今回は以上!

 後編に続きます!

 


【太秦教室】炭酸水素ナトリウムの分解がどうしてもわからない君へ

投稿者:太秦教室

こんにちは、太秦教室の尾花です。

 

 

水溶液とか気体とか、化学が嫌いな中学2年生が理科に苦しむ季節ですね。

中でも、「炭酸水素ナトリウム」。

 

「えっ?炭酸水素ナトリウムってそもそも何なの?」

「なんで、分解しなくちゃいけないの?」

「試験管の口下げるって覚え解けばいいんでしょ?」

「覚えること多すぎるし。」

「ってか、どうでもいいし」

 

と、全国の中学二年生からこれだけ嫌われる物質もなかなかないでしょう。

 

でも。

「炭酸水素ナトリウム」って、まず最初に出てくるじゃないですか。

実は、分解を理解するのにぴったりなんです。

 

この実験ひとつに、いろんなことが含まれているので少しだけがんばって「炭酸水素ナトリウム」と仲良くしてみませんか?

 

 

仲良くなるには、まず炭酸水素ナトリウムの紹介をしなくてはいけませんね。

 

「炭酸水素ナトリウム」は普通は「重曹(じゅうそう)」っていう名前で薬局やスーパーに売っています。

うちにも、お掃除用の重曹があって鍋の焦げを落とすのによく使います。

鍋いっぱいに水を入れて、適当に炭酸水素ナトリウムを入れて温めると、泡がたくさん出て来て鍋についた焦げがきれいにとれるんです。

もしかしたら、皆さんのお母さんも使っているかもしれませんね。

 

でもそれだけじゃないんですよ。

お掃除だけではなくて、クッキーやケーキを膨らませるのにも使います。

ほら、少しだけ炭酸水素ナトリウムが使えるやつだって思えてきたでしょ?

 

 

じゃあ、次は炭酸水素ナトリウムが分解される様子を見てみましょう。

 

二つの炭酸水素ナトリウムから、HO(水)とCO(二酸化炭素)を作って…

余りもののNaとOとCを全部くっつけると…NaCO炭酸水素ナトリウム)が出来ました。

 

モデル図で考えると、分かりやすくなりますね。

これが「炭酸水素ナトリウム → 炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素」の正体です。

炭酸水素ナトリウムから水素がなくなって、「炭酸ナトリウム」になったんですね。

 

 

 

さて、次は出来たものが本当に炭酸水素ナトリウムと水と二酸化炭素なのか確かめないといけません。

 

二酸化炭素は、石灰水を使えば確かめられますね。

気体を集めた試験管に石灰水を加えてにごるかどうか見てみましょう。

 

は試験管の口のところに溜まりますね。

青い塩化コバルト紙が水に触れると赤く変化します。

 

炭酸ナトリウムは、白い粉。

元々、炭酸水素ナトリウムも白い粉なので、本当に炭酸ナトリウムに変わっているかが見た目ではわかりません。

そこで、炭酸ナトリウムを水に溶かしてみましょう。

溶けやすければ炭酸ナトリウムです。

 

それでもよくわからなければ、フェノールフタレイン液を入れてみましょう。

フェノールフタレイン液で濃い赤色に変化すれば、炭酸ナトリウムです。

実験前の炭酸水素ナトリウムも同じように水に溶かして、フェノールフタレイン液を加えて、比べてみてくださいね。

炭酸水素ナトリウムはあまり水に溶けないし、フェノールフタレインによる反応も薄いので、比べればバッチリ!

 

 

教室では、レゴの炭酸水素ナトリウムを分解して炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素を作ることが出来ますよ〜。

小さな小さな世界を考えなくてはいけない理科。

頭の中で考えているだけではわかりにくいですよね。

実際に、原子の代わりにレゴをさわって感覚で化学を理解しちゃいましょう(^^)

 

教室へのお問い合わせは↓

You学舎太秦教室

uzumasa@yougakusya.com

075-861-6500